1. HOME
  2. OUR NEIGHBOR
  3. ●第3章 パッケージプロダクト

●第3章 パッケージプロダクト


JESSE HARRIS




あなたがMr.ハジメなの!?


“ヒルストーン”レーベルの第一弾リリースとなったジェシー・ハリスのアルバム「サブローサ」。
レーベル主は石坂元(いしざかはじめ)さん。もともと海外アーティストのツアー・プロモーター(アーティストの公演をコーディネートする仕事)をしていた人物だ。
ジェシーと石坂さんとの出会いは、石坂さんがジェシーの東京公演をコーディネートしたことに遡る。舞台の外では、石坂さんのような役割の人が、アーティストのスケジュールを管理するとともに、常にベストコンディションでステージに臨めるように心地よい滞在時間を演出する。アーティストの口に合う食事処を探し、アーティストが好みそうな場所へ連れて行く。石坂さんが言う “ミュージシャンを生きているちょっとした(愛すべき)モンスター” でもあるアーティストたちを居心地よくさせるのは、プロモーターの個性にゆだねられる。その石坂さんの仕事ぶりがわかるエピソードの1つがここにある。ある日、石坂さんがニューヨークで行われたノラ・ジョーンズのライブを訪れた。出番を終えたノラへ近づくと、日本人のファンから声をかけられることに慣れているノラは特別扱いをするわけでもなく対応した。しかし、石坂さんがノラに自己紹介すると「あなたが、あのMr.ハジメなの?」と、一瞬にしてエキサイトした。石坂さんの噂はジェシーのミュージシャン仲間の噂になっていたのだ。

yakei


ヒルストーン


 石坂さんは、ジェシーの曲名からとったイベント「ウォッチング・ザ・スカイ」をオーガナイズするなど、ジェシーの日本滞在を共に過ごし、仕事仲間以上に大切な友人として信頼されるようになった。
その2人の友情が育まれていく中、アメリカでのアルバム「サブローサ」リリースが決まった時、ジェシーから直々に依頼を受ける。「日本でのリリースは、ハジメにやってほしい」と。それが、“ヒルストーン”レーベル設立へと繋がった。
 アーティストの心の近くにいる石坂さんは、音源の魅力が最大限に伝わるようにCDパッケージにもこだわった。“ヒルストーンレーベル”は、数えきれないほどのミュージシャンと共に音楽空間を作ってきたからこそ提供できる音楽の楽しみ方をリスナーに届けていく。

hillstone

kabe

 

←第2章 アルバム「サブローサ」

 

第4章 ブラジル⇄ニューヨーク⇄奥原宿→