1. HOME
  2. Road to 「Cold Heart,Long Distance 」-14-

Road to「Cold Heart, Long Distance」-14-

2014年9月21日(日) 芦別 ROCK HOUSE DYLAN

旭川から芦別までは車でわずか1時間の距離。
時間調整を施し富良野〜美瑛を見物。

「当初この大自然の中で暮らす人にサンタラの曲が果たして通用するのか疑問だった」とは田村の言。

DYLANはこの芦別市で昨年30周年を迎えたロックな居酒屋。

店主によるボブ・ディランの壁画。愛が溢れています。

ライブはおおよそ月に1本。
サンタラはもう7年も通っている。

以下、目撃者から届いたレポートです。

芦別まで足を運んだ甲斐があった!

サンタラ、観客、ライヴハウスディランが作り上げた「お帰りなさい」「ただいまぁ」が聴こえてきそうな、自由でリラックスした雰囲気でのライヴ。

サンタラは、進化し万華鏡のように変化しながらも、決して外さない裏切らない信頼できるミュージシャン。
サウンドから言葉のフレーズがポロリン、「インディゴ」「頼りない月」「フェンス越しの校舎」なんだか夢うつつ想い出の走馬灯。

打上げビールがうまい!
日本酒さらに美味!
プ~ンと吟醸の酒粕ただよう石狩鍋の旨いことったらありゃしない。
サンタラへの感謝をこめた料理の数々、サンタラ二人も実家に帰ってきたように、おかわりしながらみんなで乾杯歓談。

後ろ髪ひかれながらも明日は仕事だ長居はできぬと心を鬼にし帰り道。
買ったばかりのALBUMをリフレインしながら、キタキツネ&エゾシカの光る眼に遭遇の長距離ドライブ2時帰宅。
『Cold Heart Long Distance』かなりいい!
行ったことのないアメリカ西部の風を感じながら熟睡。

今度はいつ逢えるのかなあ?
そうだ!明日のライヴを予約しよっと!

(ラジオパーソナリティ花田聖子)

前日の旭川と芦別と併せて参加した方も多かったようだ。

前日の旭川よりは比較的ラフな衣装のお二人。
西部劇の時代より少し時計の針が進んだような?

印象的だったのは【Perfect Happiness】
気持ちが伝わってきた。

キョウコさんが笑い飯の西田さんと付き合っていたことを否定しなかったのは・・・?

ギター一本演奏して、終演前に「手が痛い!」と砂田さんが言ってましたが、
レアなライブを拝見することができて得した気分でした。

(オーディエンスKMさん)

こんにちは。旭川と芦別のライブに行かせて頂いた者です。
まずは一首詠ませて頂きます。

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」

すいません…自分の歌ではありません。言うまでも無いことでしたね…
この歌は自分の座右の銘でございまして…

私はくたびれたおっさんですので、残りの人生、出来るだけ心穏やかに
静かに暮らしていきたいと思っておりますゆえ、もう「桜」はいらないと、
自分にとって「魅力的」なものには近づかぬよう常々心がけておりました。

それなのに…

(なぜ僕は「サンタラ」のライブに行ってしまったんだろう…)

偶然見たアニメで歌声と歌唱力に衝撃を受け…
よせばいいのにYouTubeでお姿を拝見し、その美しさに危険を感じた私は

(ここまでにしておこう)

と自分を抑えて参りましたのに…

実像のキョウコ様はYouTubeで見るより遥かに美しく歌声はもちろん、知らなかった曲も全て素晴らしく
目が合った(と自分では勝手に思ってます)瞬間に…

(あぁ…“ヴァンパイア”や“蛇女ゴーゴン”を造りだした人の気持ちが解ってしまった…)

あぁ…行かなきゃ良かった…
自分の心に「桜」が咲いてしまった…

そして、砂田氏は私にとって世の中で一番羨ましく、妬ましく、
憎いアンチクショウ!でありましたが、結局その演奏とお人柄に魅了され
私の卑しい嫉妬は跡形もなく消えてしまいました…
やっぱり憎いアンチクショウでございます(別の意味で)

「レポート」を…と思ったのにラブレターになってしまいました…すいません…

とにかく「サンタラ」さいこー!素晴らしいライブでした!
やっぱり本当に行って良かった。

CDも全部買います!いくら心が乱れようとも、次のライブを待ちます!
そしてまた絶対に行きます!

そしていつか、真冬の北海道にも来てください!

ヨンクに乗って会いに行くわ♪私は〜あなたの〜♪

乱文、乱筆、又ご不快な表現などありましたら何卒ご容赦下さいませ。
無学と、ただ純粋に「サンタラ」に魅了され、心乱れたゆえでございます。

それではデング熱やらエボラなどにお気をつけて残りのツアーがんばって下さいませ。

すでに今から次回の御来道を楽しみにしております。

(オーディエンス Mさん)

そして最後はDYLAN店主のお言葉で絞めていただきましょう。

全国18ヶ所のツアー。
芦別ディランは16番目。

いつものCOOLなスタイルの中に熱いものがところどころに見え隠れする。
何度目かの大きな脱皮の予感がする。

長い旅はミュージシャンを大きくするらしい。
新しいBoomer's Storyを楽しみにしています。

(ディラン店主 忠司)

(写真提供:ROCK HOUSE DYLAN、オーディエンスのみなさま)