1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk




柳原陽一郎


青葉市子


小谷美紗子

 ■開催日時
 2016年10月17日(月)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,500(税込) / 当日¥4,000(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life オリジナルチケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:305-879】

  http://l-tike.com【Lコード:72520】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 Music for Life:03-5738-8035
 (平日 11:00〜18:00)


      


「14歳にして“嘆きの雪を体にあびて 燃え尽きそうな”って書けたとは……。すごいわ、やっぱり」(柳原)


●柳原陽一郎(以下、柳原):小谷さんが自分で曲を作ろうと思ったのには、何か理由があったんですか?

●小谷美紗子(以下、小谷):最初はピアノを頑張っていたんです。クラシック音楽が好きで、ピアニストになりたかったんですけど。小学3年生くらいのときに、自分が弾きたい曲が弾けなくて。どうしてもオクターブに指が届かなかったんです。

●柳原:手が小さかった。

●小谷:はい。それでちょっと挫折をしまして。その頃からちょっとずつピアノ曲を書くようになったんですね。でもやっぱり物足りないなぁ……と思うようになって。ピアノと同じくらい歌も好きだったので、弾き語りで曲を書くようになりました。

●柳原:僕の周りにも中学2年か3年で曲を書く人がいて。もう、よくわからなかった、どういう頭の構造になってるんだ!?って。14歳か15歳にして歌詞を書いて、しかも大人びた歌詞を書いて、曲をつけて。も~のすごいジェラシー(笑)。僕なんかずっとサッカーしてるか、友達とつるんでるだけの15歳でしたから。

●小谷:曲作りはいつから?

●柳原:高校1年くらいからギターをいじりはじめたかな。

●小谷:そんなに変わらないじゃないですか (笑)。

●柳原:でも作ると言っても、深夜放送の悪ノリみたいな歌ですからねぇ。「女の子はそんなに優しくないよ」みたいな歌をあえて歌うような。小谷さんは中学生の頃、どういう曲を作っていたんですか?

●小谷:デビュー曲の『嘆きの雪』を中学2年生くらいのときに書いたんですけど。

●柳原:14歳にして“嘆きの雪を体にあびて 燃え尽きそうな”っていう感じになった。書けた。

●小谷:はははははっ。

●柳原:すごいわ、やっぱり。小谷さんはどちらかというと直球じゃないですか。でも僕はだいたいスローカーブみたいなのばっかりだから(笑)。中学の頃は、ちゃらんぽらんのヘタレ。

●小谷:私は怖いもの知らずでした。

●柳原:勉強とか好きでした?

●小谷:高校に入ってから好きになりました。

●柳原:私は高校になって壊滅的になりました。

●小谷:壊滅的……、あははははは。

●柳原:んふふふふ。なぜ好きになったんです?

●小谷:それまでも作曲に必要な英語とか国語は好きだったんですけど、それ以外のものは自分には必要ないと思って、教科書も学校に置いて帰っていたくらいだったんです。もう自分がやりたいものだけやるっていうタイプだったんですけど。高校に入るちょっと前に、父から「成績が後ろから数えたほうが早いくらいでも、ちょっとの努力で一番になれるんだよ」って言われて。「なれるの?」と思って勉強するようになったら、だんだん楽しくなって。実は世界史とか古典に興味を持っていた、ということもわかってきて。それから勉強するようになりましたね。

●柳原:正しいあり方ですね。興味を持って初めてやるわけでしょ。イヤイヤでもなく、受験のためでもなく。素晴らしい。僕はイヤイヤでしたから。ある瞬間から、先生の言葉がまったく頭に入ってこなくなっちゃった。洋楽は好きだったから英語はちょっとわかったけど、数学はさっぱりだし。物理化学は全滅。地学の、星の距離を測るのだけは好きだった。

●小谷:……(笑)。

●柳原:「何光年か求めよ」っていうのは好きだったけど、それだけ。地理なんかも収穫高はいいから、鉄道のことを教えてくださいって思ってた。

●小谷:鉄道好きなんですか?

●柳原:はい。阪急電車が一番好き。子供の頃の夢は阪急電車になることで。

●小谷:電車そのものになりたかった (笑)。

●柳原:そう、そのものに。なれなかったです(笑)。音楽家以外のものになりたいと思ったこと、ありますか?

●小谷:動物保護官にはなりたいと思いました。

●柳原:ほぉ。やっぱりすごいわ、阪急電車になりたいと言ってる人とは違う(笑)。


      

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

青葉市子

青葉市子

1990年出生、京都で育つ。
17歳からクラシックギターを弾き始め、
2010年1月、19歳の時に1stアルバム「剃刀乙女」でデビュー。
これまでに4枚のオリジナル・アルバムを発表。

■オフィシャルサイト
 http://ichikoaoba.com/
■Twitter
 https://twitter.com/ichikoaoba
■Facebook
 https://www.facebook.com/ichikoaoba.info

小谷美紗子

小谷美紗子

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。
これまでに11枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。
唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャン・著名人からも支持を得ている。
本物の音楽を作り続け、歌い続け、2016年にデビュー20周年を迎える。

■オフィシャルサイト
 http://www.odanimisako.com/
■Twitter
 https://twitter.com/odanimisako
■Facebook
 https://www.facebook.com/odanimisako/


■小谷美紗子『手紙』Music Video

関連コンテンツ