1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk




柳原陽一郎


青葉市子


小谷美紗子

 ■開催日時
 2016年10月17日(月)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,500(税込) / 当日¥4,000(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life オリジナルチケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:305-879】

  http://l-tike.com【Lコード:72520】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 Music for Life:03-5738-8035
 (平日 11:00〜18:00)


      


「実は僕、ちょっとアート系ユニット上がりの、プラス、ちょこっとビジュアル系……(笑)」(柳原)


●小谷美紗子(以下、小谷):柳原さんは、いつからバンドをやっていらしたんですか?

●柳原陽一郎(以下、柳原):たまのメンバーと出会ったのが21歳か22歳のときですね。実は全員、最初はギターの弾き語りだったんです。それであるとき、ライブハウスで知り合って、お互いのライブに行くようになって。でも3人ともすごい貧乏だったから、誰かの部屋でダラダラしてるばっかりで、そのうち「バンドごっこでもしようか」ってことになり。下手でもいいから、カシオトーンとギターと太鼓っていう役割に振り分けようってことになったのが始まりです。そのときは“かき揚げ丼”っていうバンド名でした。

●小谷:えっ! あっはははは。

●柳原:やたらとかき揚げ丼ばっかり食べてたから。

●小谷:へぇ~~~~~~~、そうだったんですね。

●柳原:そのあとでベースが入ってきて、出来上がりっていう感じですね。だからバンド上がりじゃないんですよ。ま、ちょっとアート系ユニット上がりで、プラス、ちょこっとビジュアル系(笑)。

●小谷:あっはははは。でも、そもそも弾き語りを始めたのは、いつくらいなんですか?

●柳原:初めて人前でライブをやったのは、高校1年の秋くらいだったんじゃないかな。

●小谷:そのときに、もうライブをなさってたんですね。

●柳原:いや~、無理矢理ですね。ただ人前に出たくって。だるい日常がずっと続くので、とにかく歌をでっちあげてギターでワーッと。吉田拓郎さんとかを見て、気合があればなんでもできるみたいに思ってしまったんですよ。

●小谷:あははは。

●柳原:で、やってみようかな、と。ジャカジャカやれば様になるんじゃないかな、と。まぁ~お粗末なものでしたけど。小谷さんは中学生で曲を作り始めて。

●小谷:17歳くらいのときに事務所に入って、19歳でデビューすることになるんですけど。

●柳原:曲を作るときはピアノですか?

●小谷:はい。

●柳原:ちなみにそのとき、歌詞はあるんですか?

●小谷:まちまちなんですけど。一番多い書き方は、フラストレーションみたいに溜まったものが、同時にこう出てくるというか。それが一番書きやすい。

●柳原:それは怒りみたいなもの?

●小谷:怒りとか悲しみとか、疑問に思うこと。

●柳原:それが言葉とメロディーになって一緒に出てくるんだ……。はぁ……すごいね。

●小谷:そうですか?

●柳原:いやいや、何かが破綻せずに両方出てくるのは、すごいことだと思います。昔は僕もそういうことがあったような気がするんだけど。とはいっても怒りとかじゃなく、もっとバカバカしい言葉ですけど。「金がない~」みたいな。僕、バンドのときとか、ずっとメロディー人間って言われてたんですね。編曲好きとか。だけど最近は全部、歌詞からなんです。

●小谷:あ、そうなんですか。

●柳原:だから曲と歌詞が同時に出てきた時代がすごく懐かしい。そんなこと、あったなぁって。


      

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

青葉市子

青葉市子

1990年出生、京都で育つ。
17歳からクラシックギターを弾き始め、
2010年1月、19歳の時に1stアルバム「剃刀乙女」でデビュー。
これまでに4枚のオリジナル・アルバムを発表。

■オフィシャルサイト
 http://ichikoaoba.com/
■Twitter
 https://twitter.com/ichikoaoba
■Facebook
 https://www.facebook.com/ichikoaoba.info

小谷美紗子

小谷美紗子

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。
これまでに11枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。
唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャン・著名人からも支持を得ている。
本物の音楽を作り続け、歌い続け、2016年にデビュー20周年を迎える。

■オフィシャルサイト
 http://www.odanimisako.com/
■Twitter
 https://twitter.com/odanimisako
■Facebook
 https://www.facebook.com/odanimisako/


■小谷美紗子『手紙』Music Video

関連コンテンツ