1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings “やな” Song~』Special Talk




柳原陽一郎


青葉市子


小谷美紗子

 ■開催日時
 2016年10月17日(月)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,500(税込) / 当日¥4,000(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life オリジナルチケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:305-879】

  http://l-tike.com【Lコード:72520】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 Music for Life:03-5738-8035
 (平日 11:00〜18:00)


      


「柳原さんの『真珠採りの詩』、曲調とか、すごく好きなんです」(小谷)


●柳原陽一郎(以下、柳原):弾き語りの同業者としての質問なんですけど。弾き語りしにくい曲ってあります?

●小谷美紗子(以下、小谷):あります、いっぱいあります。

●柳原:そういう曲も弾き語りするんですか?

●小谷:最近はトリオでやることが多いんですけど。そうすると、どちらかというと先にこういうアレンジでっていうのが固まっていて、それに隙間を作りながらピアノを置いていく感じの作り方になるんですね。

●柳原:リズムセクションの感じが先にあって。

●小谷:そうなんです。ベースとドラムがこう鳴ってくれているから、私はこういうふうに歌って弾けばいいというのがあるので。それを逆にして、ピアノをメインにするっていうのがすごく難しくて。

●柳原:曲の構造も、そうなると違ってくるから。

●小谷:そうなんです。弾き語りでやるっていうことだと、ピアノと歌だけで完成していないとダメだから。でもそうやって完成させてしまうと、今度は他の楽器が入るアレンジにするのが難しくなるので。最近はトリオで演奏することを前提に、ちょっと隙間を空ける書き方をしていたんですね。そしたら、今度はそういう曲を弾き語りにするのが難しくて。だから、やってない曲も多いですね。

●柳原:僕も最近はずっと弾き語りをしてるんで、そういうつもりで曲を書くから。まぁ弾き語り用に書けるようになったっていうだけでも、自分に拍手を送りたいんだけど(笑)。バンドのときに書いてたような隙間だらけのイージーな感じも、懐かしいんですよね。

●小谷:そうなりますよね、弾き語りをやっていると。

●柳原:弾き語りって、あるフォーマットに絶対いかないといけないっていうの、あるじゃないですか。

●小谷:はいはい。

●柳原:そうじゃなくてバンドで「はいはい、お任せ」みたいな。それで充分盛り上げてくれるようなことが、ちょっと懐かしいときもあります、正直言って。

●小谷:わかります、すごくよくわかります。

●柳原:ところで今回のセッションですけど、小谷さんが『真珠採りの詩』もお好きだと聞きまして。それ、やりましょうか。

●小谷:はい! 曲調とか、すごく好きなんです。

●柳原:じゃ、それを歌っていただいて。私の曲で恐縮ですが『さよなら人類』も、みんなで歌っていただきたくて。あとは小谷さんの歌で、もしよければ僕が何か歌わせていただこうかなって。

●小谷:ぜひぜひ~。ぜひ歌ってください。

●柳原:小谷さんの曲で好きな曲はいっぱいあるんですけど、好きだからやれるっていうわけでもないから。難しいところなんですよね、相談しなきゃいけない、自分の技量と(笑)。

●小谷:『真珠採りの詩』は私がピアノを弾いてみますね。

●柳原:じゃ私はデジピかギターで。うん、デジピが面白いかもしれないね。……んなこと言って大丈夫か、私のスキルで(笑)。いや、ご期待に添えるよう頑張らせていただきますんで。ぜひ見に来てください。

『ピテカントロプスになる日』アンケート:小谷美紗子編

『ピテカントロプスになる日』アンケート:EGO-WRAPPIN’編

『ピテカントロプスになる日』アンケート:青葉市子編

『ピテカントロプスになる日』アンケート:EGO-WRAPPIN’編

     

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

青葉市子

青葉市子

1990年出生、京都で育つ。
17歳からクラシックギターを弾き始め、
2010年1月、19歳の時に1stアルバム「剃刀乙女」でデビュー。
これまでに4枚のオリジナル・アルバムを発表。

■オフィシャルサイト
 http://ichikoaoba.com/
■Twitter
 https://twitter.com/ichikoaoba
■Facebook
 https://www.facebook.com/ichikoaoba.info

小谷美紗子

小谷美紗子

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。
これまでに11枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。
唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャン・著名人からも支持を得ている。
本物の音楽を作り続け、歌い続け、2016年にデビュー20周年を迎える。

■オフィシャルサイト
 http://www.odanimisako.com/
■Twitter
 https://twitter.com/odanimisako
■Facebook
 https://www.facebook.com/odanimisako/


■小谷美紗子『手紙』Music Video

関連コンテンツ