1. HOME
  2. EVENT
  3. Music For Winter Life "Live Report"

Music For Winter Life "Live Report"
2.17@[FRI]@duo MUSIC EXCHANGE,Tokyo


小谷美紗子


伴 都美子(Do As Infinity)


斎藤誠

Music For Winter Life

文:山田百合子 / Photo by 長小禮子



春一番が吹いた暖かな夜。渋谷duo MUSIC EXCHANGEで小谷美紗子、斎藤誠、伴 都美子(Do As Infinity)によるスリーマンライブが開催された。満員の客席、ステージ上ではグランドピアノや弦楽器がやわらかな照明に照らされながら、どこかピンとした美しい光を放っている。

はじめに登場したのは伴 都美子。実に約8年ぶりの本格的なソロライブとなるこの日は、ベースになかむらしょーこ、ピアノに西村奈央を迎えたトリオ編成で行われた。1曲目は「Brave」。一音一音、息づかいすら聞こえてきそうな静謐な空間に、澄んだ、芯のある歌声が響き渡る。カバー曲「はじまりはいつも雨」をしっとりと聴かせた後は、ギターに斎藤誠を迎えて「東京日和」を披露。MCでは何気ない日々の話を織り交ぜつつも「今日をソロ活動再開の大きなきっかけにしたい」と、その決意を語る。ラストは誰もの背中をそっと押してくれるような「夢路」を伸びやかに歌い、会場を魅了した。

Music For Winter Life

続く斎藤誠のステージは、「夕陽の交差点」からスタート。色気と深みを携えたあたたかな歌声で、いくつもの“人生の交差点”を切なく歌い上げる。ポップなラブソング「Delicate」では小谷美紗子が、大人のムード漂うホットなナンバー「Dance!」では伴 都美子がコーラスで参加し、フロアを盛り上げた。絶えず冗談を交えたMCは彼の気さくな人柄を伺わせ、この日のライブをいっそう楽しいものに。「何歳になっても恋の歌、愛の歌。呆れてください(笑)」。そんな本人の言葉通りに披露された、まるで青年のようなラブソングの数々は、多くの人に恋するワクワク感を思い出させたはずだ。“オトナ青年”斎藤誠にしか作れない音楽、たった数十分で歌い手の生き方が伝わってくるような、温度を感じさせるステージだった。

Music For Winter Life

ラストは小谷美紗子。鍵盤の上を流れるように指がすべり、デビュー曲「嘆きの雪」のイントロが奏でられた瞬間、空気がピリッと入れ変わる。ポップなのに鋭利に胸を突き刺す力強い歌声が、一瞬でその場を支配した。シングル「Off you go」や「手紙」に加え、この日は朝できたばかりという新曲も初披露。彼女の演奏姿は鬼気迫ると言っていいほど切迫感があり、どこか別の世界にトリップしてしまいそうな感覚を覚えた。胸の奥深くにある生々しい感情に気付かされる、ときにえぐるような鋭さを放つ歌詞は、決して軽くない。しかしそんな言葉と、それを確かに刻み込む歌声、その絶対的な才能が、聴き手の心を捉えて離さないのだろう。そんな確信を抱かせるような、圧巻のライブを見せた。

最後は伴 都美子、斎藤誠と共に「手の中」をセッション。今後の活動から目が離せそうにない、三者三様のステージを見せたイベントは幕を閉じた。

小谷美紗子

小谷美紗子

1996 年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。
これまでに11枚の オリジナルアルバム、16枚のシングルをリリースしている。
その歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャンや著名 人からも支持を得ている。
本物の音楽を作り続け、歌い続け、2016年にデビュー20周年を迎え、小谷美紗子キャリア初となる弾き語りベスト盤『MONSTER』 完成。これはデビュー20周年プロジェクトの第一弾作品として リリース。

■オフィシャルサイト
 http://www.odanimisako.com/
■Twitter
 https://twitter.com/odanimisako
■Facebook
 https://www.facebook.com/odanimisako/


伴 都美子 (Do As Infinity)

伴 都美子 (Do As Infinity)

1979年1月9日生まれ。37歳 熊本県出身。
1999年にDo As Infinityのヴォーカリストとしてマキシシングル「Tangerine Dream」でデビュー。その後、6年間に渡ってミュージックシーンの第一線で活躍するも2005年に解散。2006年にはアルバム「FAREWELL」でソロアーティストとして活動をスタート。
2007年には初のカバーアルバムとなる「Voice~cover you with love~」をリリース。ソロ活動を経た後の2008年にふたたびDo As Infinityが再始動。
2005年にリーディング・スペクタクル(朗読・音楽劇)「美貌の青空~チェ・ゲバラ、魂の錬金術」で舞台デビュー。同舞台でディーバ役として出演するが、2007年に上演されたミュージカ ル「BKLYN」にて本格的な舞台デビューを果たす。
同年秋には初出演した映画「ヒートアイランド」が公開。歌手としてだけではなく、女優の活動など、表現者としての幅を広げている。
2015年3月26日からON AIR、GLOBAL WORKのTV-CM『世界人・KawaKanae × 長澤まさみ』篇にて、イメージ楽曲「やつらの足音のバラード」をカバー。
2016年2月24日にDo As Infinity New Album「2 of Us [RED] -14 Re:SINGLES-」「2 of Us [BLUE] -14 Re:SINGLES-」をリリースし、10月5日にはこのアルバムを引っ提げたツアー映像を収めた「Do As Infinity Acoustic Tour 2016 -2 of Us- Live Documentary Film」を発売。
また、同年12月25日品川ステラボールにて「Do As Infinity Xmas Live 2016」を開催。

■オフィシャルサイト
 http://d-a-i.com
■Twitter
 https://twitter.com/banco19


斎藤 誠

斎藤 誠

■シンガーソングライター/プロデューサー/ギタリスト
1980年 青山学院在学中より音楽活動スタート。
以来シンガーソングライターとして自身のライブ活動を中心に桑田佳祐、原由子らのツアーレコーディングに精力的に参加し活動。

1983年 10月21日アルバム「LA-LA-LU」でデビュー。

2000年 サザンオールスターズのサポートギタリストとしてツアーに参加。
また自身で「ネブラスカ」と称した弾き語りライブや、Martin社とのコラボレーションイベント「Rebirth Tour」に参加するなどライブ活動も勢力的におこなっている。

2013年
12枚目のオリジナルフルアルバム「PARADISE SOUL」リリース。

2015年
セルフカバーアルバム「Put Your Hands Together!」
洋楽カバーアルバム「Put Your Hands Together!」2タイトル同時リリース。

■斎藤誠 本人 Webサイト
 http://www1.odn.ne.jp/~cah32600/
■斎藤誠 avex Webサイト
 http://tearbridge.com/saitomakoto/index.html
■Facebook
 https://www.facebook.com/makoto.saito.official

関連コンテンツ