1. HOME
  2. EVENT
  3. 2017年5月17日 (水)『ピテカントロプスになる日 vol.3』Special Talk EGO-WRAPPIN'×柳原陽一郎

2017年5月17日 (水)
『ピテカントロプスになる日 vol.3』 Special Talk EGO-WRAPPIN'×柳原陽一郎



柳原陽一郎


EGO-WRAPPIN’


 ■開催日時
 2017年5月17日 (水)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:327-414】

  http://l-tike.com【Lコード:73084】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716

『ピテカントロプスになる日』

「2人があまりにビジネスのこととかわかってないから、見かねて介護的な感じで助けてくれた(笑)」(森)

●柳原陽一郎(以下、柳原):自分たちのやってることに、初めて手応えみたいなのを感じた記憶ってあります? これやっていけるかもとか。自分たちに力があるのかもとか。

●中納(以下、中納):私は森くんと出会って、なんか「あ、いけるかも」って。初めて一緒に曲を作ったときにババババってできたんですよ。そのとき「あれ、これ、絶対いけるわ」って確信した記憶があります。

●柳原:お客さんがどうとかじゃなく。

●中納:なんか……当時は、とりあえず自分の存在とか表現方法が、たまたま音楽やったっていう感じやったんで。

●柳原:音楽を選びとったというよりは。

●中納:そう……。あ、でもどうかなぁ……。どっちもあるかもわかんないです。表現したいっていうのが先にあって、それで音楽を選んで、森くんと一緒に曲を作れたとき、できるんやっていう確信がすごく湧いたんですね。

●柳原:なんかこう、せき止められてた水がドォッといった感じ。

●中納:そうです、やれるなって。だからって、まぁ全然すぐにはバーンとはいかなかったですけど。でも、つどつど誰かが助けてくれたっていうか。「俺がレコーディング費用出したるわ」って言ってくれたトラック運転してる兄ちゃんとかが出てきたり。

●柳原:トラックの? 兄ちゃんが?

●森 雅樹(以下、森):トラックの運転をしながらライブハウスのPAやってる人やったんですけど。僕らのライブを観て気に入ってくれて。

●柳原:そういうボランティア的なキーパーソンって現れてくるよね。

●森:物販やってくれたりとか。

●中納:お金にならへんけど、ちょっとマネージメントしてあげるとか。

●柳原:そうそう。そのあと切ない別れもあるんだけどね。

●中納:そうなんです! そうなんです! 切ない別れ。

●森:俺とよっちゃんが音楽以外のこと、あまりにわかってないっていうのも、あったもんな。ビジネスのこととか。

●中納:まったくわかってない(笑)。

●森:見かねた周りが、介護的な感じで助けてくれましたね(笑)。

●柳原:森さんにとって「これはいけるで」的な瞬間ってありました?

●森:これはいけるで感……。

●柳原:出会ったとき?

●森:出会ったときに、いけるで感……。なかったかな……。

●中納:あはははは。

●森:いけるで感……。難しいわ、いけるで感……。

●中納:いきなりお客さんが増えたときあったやん。私はあれが第2のいけるで感。

●森:あぁ、あんときね。

●中納:でも森くんは、けっこう常にがむしゃらやったかもしれんけど。安定してるっていうか。

●柳原:フラットなのかな。

●中納:そう、フラットな。で、いい意味で自信家やったと思うんですよ。

●森:あぁ、生意気やったな。

●中納:森くん、できかけの曲とかでも聴かせるんです。私は絶対聴かせたくないんですけど。

●森:めっちゃ聴かせてますね(笑)。

●柳原:どれくらいできかけなんですか。

●中納:もう全然できかけ。

●森:すぐ聴かせたくなるというか。

●柳原:それ、わかれますよね。できかけ聴かせたい人と、みっちり作りたい人と。

●中納:私、あとのほうですね。

●森:も~ぉできかけで。どうやろ、みたいな。

●柳原:エゴさんは最初から2人だったんですか。

●森:そうです。最初からギターとボーカルで。

●柳原:最初の頃はどんな歌だったんですか。その頃からオリジナル?

●森:オリジナルとか、お互いの好きな音楽をカヴァーしあうみたいな。

●中納:大阪のビルの上で2人で練習して。

●柳原:ビルの上で?

●森:ビルの上で(笑)。ギターだけだと、どこでもできるんで。で、ライブをするようになってギャラもらうようになると、バンドの資金として貯めて。それで車買ったり、スタジオ代を出したりっていうのにちょっと憧れてた。

●柳原:僕らも、たま金って言って、お金貯めてました。あははははは。

●中納:逆だ。ははははは。

●森:それ、いいなぁ(笑)。

●柳原:貯まってくと嬉しいもんですよね。で、デビューが?

●中納:1996年。5年間大阪でインディーズでやって。2001年からメジャーでお世話になることになって。

●柳原:すると「プロでやっていくんだ」みたいに思い始めた時期っていうと。

●森:東京来てからですね。

●柳原:大阪のとき、そういう感覚はなかったんですか。何がなんでもプロになるぜとか。

●中納:私は思ってましたね。

●森:思ってましたね。

●中納:融通のきくバイトをしながらやったんで、音楽で稼ぎたいとは思ってました。

●柳原:どんなバイトだったんでしょう。

●中納:飲食店とかポスティングとか。あとは案内係とか。

●柳原:……案内係? なんの?

●中納:あのぉ、大阪に空中庭園っていうのがあって。

●柳原:あるあるあるある。知ってる、知ってる。

●中納:あこで案内係をしてました。時給が良かったんです。柳原さんは、どんなのを?

●柳原:共同溝の見回りっていうの、やったことがあります。

●中納●森:共同……?

●柳原:地下に埋まってる、電話線と電気とガスがまとまってるデカいトンネルがあるんですよ。そこをずっとただ歩く。

●中納:へぇ~。チェックしながら。

●柳原:それを5時間くらいかけてモグラみたいに新宿からグルグルグルグル~っと回って池袋から顔出すみたいな。

●中納:なんか“たま”っぽいですね。

●森:うん、なんでかわからんけど、たしかに“たま”っぽい(笑)。

    

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

EGO-WRAPPIN’

EGO-WRAPPIN’

1996年 中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によって大阪で結成。
2000年に発表された「色彩のブルース」や2002年発表の「くちばしにチェリー」は、多様なジャンルを消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。ライブにおいては、国内のフェスなどの出演だけに留まらず、ヨーロッパやアジアのフェスに出演するなど、海外でのライブ活動も行っている。
2016年には結成20周年を迎え日本武道館でワンマンライブを行い、その模様を収録したLive Blu-ray&DVD「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN 〜live at 日本武道館〜」を2017年3月15日にリリースする。

■オフィシャルサイト
 http://www.egowrappin.com/
■Twitter
 https://twitter.com/EGO_WRAPPIN_JP
■Facebook
 https://www.facebook.com/egowrappin

スカート(澤部渡, 佐藤優介)

スカート(澤部渡, 佐藤優介)

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。
強度のあるポップスを提示しながらも観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴ・パフォーマンスが話題を呼んでいる。
2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。
2010年、自身のレーベル、カチュカサウンズを立ち上げ、ファーストアルバムをリリースした事により活動を本格化。

■オフィシャルサイト
 http://skirtskirtskirt.com/
■Twitter
・バンドオフィシャル
 https://twitter.com/s_k_i_r_t?lang=ja
・澤部渡
 https://twitter.com/skirt_oh_skirt?lang=ja
・佐藤優介
 https://twitter.com/hanitarou

関連コンテンツ