1. HOME
  2. EVENT
  3. 2017年5月17日 (水)『ピテカントロプスになる日 vol.3』Special Talk EGO-WRAPPIN'×柳原陽一郎

2017年5月17日 (水)
『ピテカントロプスになる日 vol.3』 Special Talk EGO-WRAPPIN'×柳原陽一郎



柳原陽一郎


EGO-WRAPPIN’


 ■開催日時
 2017年5月17日 (水)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:327-414】

  http://l-tike.com【Lコード:73084】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716

『ピテカントロプスになる日』

「♪シュビドュバァァ~~~~。絶対歌いますね、私。得意気に歌います(笑)」(中納)

●柳原陽一郎(以下、柳原):話は遡っちゃうんですけど。2人が出会われる前、それぞれどんなことをしていたんですか。バンドとか?

●森 雅樹(以下、森):僕は兄ちゃんがやってたバンドを、中2くらいから無理くりやらされてる感じでしたね。そんときはもう、やんちゃな音楽っていうか。だから柳原さんの音楽も大人になってすごいきたというか。

●柳原:当時はパンクみたいな感じの音楽をやってたんですか。

●森:そういうごちゃまぜの音楽を。

●中納(以下、中納):させられてた(笑)。

●森:させられてた(笑)。

●柳原:最初からギター?

●森:そうです、ギターとドラムもちょっとやってました。

●柳原:CDとかレコードはたくさん買うタイプですか?

●森:その頃はお年玉で1枚買うくらい。それも兄ちゃんに買わされる。自分の欲しいもんじゃなくて、兄ちゃんが欲しいやつを買わされる(笑)。あとはレンタルCD屋ができてから、すごい楽しかったですね。

●柳原:そっか、そういう世代だもんね。で、歌のほうは?

●中納:母が家でピアノを教えていたので、私もずっとやってたんですけど。歌は大学を卒業してバンドをやりたいと思って、森くんを友達に紹介してもらってから、ちゃんと歌い出したって感じですかね。それまでは大学のサークルで軽く歌うくらいな感じでした。

●柳原:バンドとかは?

●中納:全然してないです。2回くらい、休みの日に近所の市民会館みたいなんで友達と歌ったりした程度で。人前でやったりしたことはまったくなかったです。

●柳原:歌は好きだったんですね。

●中納:音楽は詳しいとかではなかったですけど、歌うのは大好きでしたね、小っちゃいときから。だから家族の前とか、おばあちゃんの前とかではよく歌ってました。歌ってると、喜んでくれたから。

●柳原:どんな曲を?

●中納:テレビで聴いた歌謡曲です。石川さゆりさんの『津軽海峡・冬景色』とか、八代亜紀さんの『雨の慕情』とか。都はるみさんとか。

●柳原:ラインナップが渋い(笑)。

●中納:ですよね(笑)。ピンクレディーとかも好きでしたけど、それよりも好みは『雨の慕情』の方向にいってて。琴線に触れてたんだと思うんですよね。5歳とか4歳にして(笑)。おばあちゃんの存在がデカかったのかもわかんないですね。

●柳原:僕も歌謡曲、好きなんですよ。僕はいしだあゆみ、奥村チヨですね。

●森:いいですよね~。

●中納:奥村チヨさんって、どんな曲あったっけ?

●森:ちょっとエッチな感じの曲やった。

●柳原:そうそう。『終着駅』とか。♪ラリラリルルルラ、ルララララ~。

●中納:♪タラララララララ、タララララ~。

●柳原:♪悲しい女の吹きだまり。今日もひとり~。

●中納:♪明日もひとり~。

●柳原:そうそうそう! 中学高校になっても歌うのは好きだったんですか。

●中納:そうですね、でも中学んときとか、クラブに入ったりしてたから。あんまそんな音楽漬けっていうのではないですね。

●柳原:クラブは何に?

●中納:陸上部です、ハードルです。

●柳原:ハードル……。ものっすごい苦手。

●中納:だいたいの人が苦手ですね(笑)。

●柳原:森さんはずっと音楽?

●森:そうですね。でも昔は日本の音楽は嫌いでした。洋楽サイコーみたいなとこがあって。でも今は日本の音楽のほうが全然好き。歌謡曲なんかも好き。昔は歌謡曲聴くなんて考えられへんかったですけど。ダサい、ダサいと思って。

●柳原:いつから聴くようになったんですか?

●森:『色彩のブルース』って曲ありまして、それが僕のなかではアメリカのスウィングとかの感じやったんですけど。なんや昭和歌謡みたい、青江三奈みたいとかよく言われて。歌謡曲はそれまで全然知らないから、言ってる意味がわからなかって。で、聴いたら、あ、いいなぁと思ったんです。

●柳原:いいよね~、青江三奈。カバーとかしてるんですか?

●中納:したことないです。

●柳原:青江三奈は僕も大ファンなんで今回やれたらいいですね。お嫌じゃなければ。

●中納:全然嫌じゃないです。なんか有名な曲、ありましたよね。

●森:『伊勢佐木町ブルース』。

●柳原:♪シュビドュビドュビ~。

●中納:♪シュビドュバ~~~~。絶対歌いますね、私。得意気に歌います(笑)。

●柳原:僕も最近改めて、歌謡曲以前の日本の昔の歌がすごく好きになって。田端義男さんとか。

●森:あ~、バタヤン。いいですよね。

●柳原:も~のすごくイカしたレコード出してるんですよ。

●森:うんうん、そうなんですよね。

●柳原:美空ひばりさんもそうなんだけど、どこかの時点で演歌に飲まれちゃうというか。それ以前は、けっこうジャズだったりするんですけど。その頃がすっごいかっこいいの。そういう洋楽感があるときの感じが好きで。そういうのばっかり追っかけてます。

●森:わかるわ~! そうなんですよね。演歌の番組とかに出はったときも、バタヤンだけちょっと違和感ありましたもん。演歌でもないんちゃうの?と思って。

●柳原:案外、シンガーソングライター的な立ち位置だったりするんですよね。

●森:そう、うんうん。じゃ、そこらへんの曲も一緒にやったり。

●柳原:ぜひぜひ。盛りあがるな~。

●中納:私も歌いたいです、歌謡曲。

●柳原:お互いの曲もやりましょうね。『さよなら人類』以外だと、僕の曲でエゴさんからリクエストいただいたのが『満月小唄』。『満月小唄』もお好き?

●森:大好き。

●柳原:♪ブリキの馬が逃げていく~。

●森:大っ好き。素晴らしいです。

●柳原:じゃあ『満月小唄』はやりましょう。どんな感じにしましょうかね。森さんはギターですもんね。

●森:はい。柳原さんもギター?

●柳原:ギターでもピアノでも。なんだったらアコーディオンでもいいし。なんでもやります。言ってくれれば。

●森:ギターもいいなぁ。でもピアノも聴いてみたいなぁ……。僕はエレキギターでやりたいんですよ。っていうかエフェクター使いたいんですよ、なんか。

●柳原:あ~、スペイシーな感じですね。

●中納●森:出た、スぺーシー(笑)。

●柳原:スペイシーを使いたい盛り。最近、覚えたんで、スペイシーっていう言葉(笑)。

●中納:『さよなら人類』もやりますか?

●柳原:やりましょ、やりましょ。僕はピアノを弾いて。

●中納:ほぉ~、すごいなぁ……。

●柳原:『さよなら人類』って2バージョンあるんですよ、シングルバージョンとアルバムバージョン。

●森:はい、そうですね。間奏のとこが違いますね。

●柳原:よくご存知で。じゃ、アルバムバージョンの♪さる~のほうで。エゴさんの曲でも僕がやったらいいと思うっていう曲、言ってくださいね。

●森:ホントですか!

●柳原:ホントですかって、そうしないとヤバいんですよ、このイベントは(笑)。僕のほうでもエゴさんの曲を選んでいいですか。

●森:もちろん、もちろん、選んでほしい。

●柳原:実は自分の曲にコーラス付けるの、けっこう快感なんで。それを楽しみたい欲もかなりありますね。

●中納:ハモりたい(笑)。

●柳原:そう、だからエゴさんの曲でもハモったり、私でよければバッキングも力の限り頑張ります。

●森:なんや贅沢やな。いいんかな(笑)。

●柳原:いいの、いいの。それでいいの(笑)。

   

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

EGO-WRAPPIN’

EGO-WRAPPIN’

1996年 中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によって大阪で結成。
2000年に発表された「色彩のブルース」や2002年発表の「くちばしにチェリー」は、多様なジャンルを消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。ライブにおいては、国内のフェスなどの出演だけに留まらず、ヨーロッパやアジアのフェスに出演するなど、海外でのライブ活動も行っている。
2016年には結成20周年を迎え日本武道館でワンマンライブを行い、その模様を収録したLive Blu-ray&DVD「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN 〜live at 日本武道館〜」を2017年3月15日にリリースする。

■オフィシャルサイト
 http://www.egowrappin.com/
■Twitter
 https://twitter.com/EGO_WRAPPIN_JP
■Facebook
 https://www.facebook.com/egowrappin

スカート(澤部渡, 佐藤優介)

スカート(澤部渡, 佐藤優介)

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。
強度のあるポップスを提示しながらも観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴ・パフォーマンスが話題を呼んでいる。
2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。
2010年、自身のレーベル、カチュカサウンズを立ち上げ、ファーストアルバムをリリースした事により活動を本格化。

■オフィシャルサイト
 http://skirtskirtskirt.com/
■Twitter
・バンドオフィシャル
 https://twitter.com/s_k_i_r_t?lang=ja
・澤部渡
 https://twitter.com/skirt_oh_skirt?lang=ja
・佐藤優介
 https://twitter.com/hanitarou

関連コンテンツ