1. HOME
  2. EVENT
  3. HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special -HIKINGS-

HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special -HIKINGS-



Event Detail

2017年7月8日(土)
HARCO LIVE TOUR 2017

20th Anniversary Special -HIKINGS-


 ■出演:HARCO
 Special Guest:Special Guest:
 山田稔明(GOMES THE HITMAN)
 伊藤俊吾 / 山崎ゆかり(空気公団)
 ゲントウキ / Adi Nada

 ■開催日時
 2017年 7月 8日(土)
 16:45 OPEN / 17:30 START

 ■チケット料金
 前売り¥4,500(税込) / 当日¥5,000(税込)
 ※税込 / ドリンク別途 / 整理番号付 / 全自由

 ■開催場所
 Shibuya duo MUSIC EXCHANGE

 〒150-0043 渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●http://www.duomusicexchange.com/

 ■Music For Life チケット先行販売
■Music For Life WEB SHOP チケット先行販売日程:
 2017年2月19日 (日) 11:00 〜 2月26日 (日) 23:00

 ※Music For Life で購入されるとオリジナル特典として「ランチョンマット」付き!
 ※特典の詳細につきましては、随時Music For Life WebサイトやSNSにて告知致します。

■Music For Life チケット先行購入受付はコチラ

※受付開始時間になりましたら公開致します。

 ■お問い合わせ
 HOT STUFF PROMOTION tel. 03-5720-9999

 ■主催:HOT STUFF PROMOTION / duo MUSIC EXCHANGE
■企画・制作:HARCOLATE
■協力:witz/POLYSTAR



好奇心で海外へ。そして誕生したユニット。

――HARCOさんは、海外のアーティストともコラボレートしていますよね。OCTOCUBEと『TRANSATLANTIC 8』を作れば、Harcopatchとして『Harcopatch』というアルバムも制作してきました。
●HARCO 先に伝えておくと、HarcopatchはOCTOCUBEから派生したユニットです。きっかけは、ミネアポリスから宅録女性アーティストのキティクラフトが来日したとき、彼女と対バンしたんですよ。そこで仲良くなり、メル友になりました。
じつは彼女が当時一緒に暮らしていた男性が、グランドロイヤルに所属していたヒップホップ・ユニット,サクパッチのメンバーで。僕自身、サクパッチのことが好きだったので、「おー、今度遊びに行っていい!?」というノリで、結果的に一年間で3回、一週間くらいずつ遊びに行ったのかな!?。
初めて遊びに行ったとき、「3人でユニット組めたらいいよね」ということで遊びで1曲レコーディングをしたんですけど、それを日本のレーベルの方に聴いてもらったら気に入ってくれて。でも3回目で渡米したとき、ちょうど9.11のテロ事件が起きて…。僕はミネソタ州に居たとはいえ、あの大変な状況をリアルに感じる体験もしていました。

――海外にまで足を運んでしまうように、HARCOさん自身とても行動力のある方だなと感じました。
●HARCO でも、まわりの人たちに背中を押してもらったからというのもありました。当時のディレクターに「拙い英語だけどメールでやり取りしているミュージシャンがいて、一度遊びに行きたいなと思ってるんだよね」「一緒にCDを作って出したら面白そう」などという話をしていたら、「思ってるのなら今すぐにでも行きなよ」と言ってもらえて…。
あのときは呑みの席だったから、お酒の勢いもあったと思うんですけど。でも、そうやって一歩でも外へ踏み出せば、いろんなことが変わっていきますからね。



赤ちゃんから高齢者向けまでそこは幅広くやっています。

――HARCOさんは『しまじろうといこうよ』など、子供向け番組のテーマソングをいろいろと歌っていますし、コマーシャル関係の仕事も多いですよね。
●HARCO 2000年頃からコマーシャルの歌やナレーションの仕事がありがたいことに舞い込むようになりました。一番最初にナレーションをしたのが「Friend スーパーすっきりパンツ」というおむつのCMなんですけど、最近では、認知症予防として健康歩行を促す企業CMの音楽も作りましたし、赤ちゃん向けから高齢者向けまで、そこは幅広く手がけています(笑)。

――そういう仕事を始めるきっかけも教えてください。
●HARCO こういう仕事ってクライアントありきだから、僕が「やりたいから」と言って出来る仕事ではなく、すべて先方からオファーがあってのことなんですけど。一つの仕事を受けたことをきっかけに、その仕事に携わった方からの紹介や繋がりで、再び仕事をいただいたり、それが映画音楽のオファーへ発展したり。2015年に携わらせてもらったヨーロッパ企画 第34回公演「遊星ブンボーグの接近」という演劇の音楽も、代表の方が初期の頃からHARCOのCDを聴いていて、15年越しくらいで僕にオファーをしてくれて実現したんです。

――今でも印象に残っているCM関係の仕事があったら、ぜひ教えてください。
●HARCO 2002年に「ANA's 早割GET'S」のコマーシャルに関わったときに、ドラム、ベース、ギター、鍵盤などの全部の楽器の音と、歌も含めてすべて自分で担当して、ひとつひとつスタジオで録音したんですよ。それをなんの脚色も加えずに納品したらOKが出たときのことかな。「宅録スタイルでコマーシャルソングも出来ちゃうんだ」というのは驚きで、そこから俄然楽しくなりました。

――さすがマルチプレイヤー!!
●HARCO 僕の音楽人生はドラムからスタートしてるとはいえ、小っちゃな頃からピアノを演奏していましたし。HARCOとしては鍵盤を弾きながら歌ってるんですけど、たまにマリンバも演奏しています。とくにCM音楽の場合、マリンバや、シロフォンという小型のマリンバのような鍵盤打楽器の音は訴求性があるので、今でもよく使っています。

――そのマリンバですが、過去にはマリンバを使ったカバーアルバム『MARICOVER』も発売していましたよね。
●HARCO erimba with HARCOとしてですよね。あのときの僕は、ギタリストの後藤郁夫さんと共にプロデューサー的立場に回って、マリンバ奏者の大橋エリさんをフューチャーする形で制作しました。
ここに収録した曲たちは、すべてインストゥルメンタル。意外とテレビやラジオ番組で使ってもらってるんですよ。エビスビールのCM音楽としても知られている映画「第3の男」のテーマや、「世界の車窓から」のテーマソング、マルーン5などあらゆるジャンルの曲をマリンバでカバー演奏しています。

こうやって声を使う仕事は本当に好きなこと。

――HARCOさんの場合はナレーションの仕事も多いように、みずからの声を認めてもらえてるのも嬉しいことじゃないですか!?
●HARCO 嬉しいですよね。昔から僕は人前でしゃべることが好きだったんで。よく小学校の国語の授業で「誰々さん読んで」と先生が言うじゃないですか。みんなが「当たりませんように」と頭をかがめていく中、僕は「先生、僕を指名して」とアピールしていくくらいに大好きでした。歌うことも、そう。こうやって声を使う仕事は本当に好きなことです。

――映画では、役者もやっていますよね。
●HARCO 俳優に関しては、これまで演じたと言っても、映画やドラマの音楽を手がけたうえで、小さな役として出た程度です。ただ、このあいだも30分のドキュメンタリー映画のナレーションを担当したんですけど、そういう仕事はもっともっとやっていきたい気持ちは持っています。

――「らくごえいが」では、映画音楽を担当。『らくごえいが オリジナル・サウンドトラック』として形にもしています。
●HARCO 自分のアルバムとは異なる、クライアントありきという面ではCMの仕事と同じなんですけど、表現の感覚の違いもあっていろいろ勉強になった経験でした。
CM音楽は絵コンテを見ながら作るけど、映画音楽はすでに出来上がった映像に対して、監督さんと話し合って作っていくパターンが多いです。
このサントラ盤には、若干の未使用曲も含め全部で19曲入れてますけど、実際の作業ではその倍くらいの楽曲を作っています。半分はボツになるくらいの気持ちで音楽を作ってかなきゃいけない。映画音楽を作っているまわりの人たちに聴いても、そこはみなさんヒーヒー言ってますからね。この春公開予定の「リトル京太の冒険」という映画の音楽も担当させてもらってます。この監督さんは音楽に対してかなり熱心な方で、僕の家に来てもらって作曲の段階から共同作業することも多かったです。