1. HOME
  2. EVENT
  3. HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special -HIKINGS-

HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special -HIKINGS-



Event Detail

2017年7月8日(土)
HARCO LIVE TOUR 2017

20th Anniversary Special -HIKINGS-


 ■出演:HARCO
 Special Guest:Special Guest:
 山田稔明(GOMES THE HITMAN)
 伊藤俊吾 / 山崎ゆかり(空気公団)
 ゲントウキ / Adi Nada

 ■開催日時
 2017年 7月 8日(土)
 16:45 OPEN / 17:30 START

 ■チケット料金
 前売り¥4,500(税込) / 当日¥5,000(税込)
 ※税込 / ドリンク別途 / 整理番号付 / 全自由

 ■開催場所
 Shibuya duo MUSIC EXCHANGE

 〒150-0043 渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●http://www.duomusicexchange.com/

 ■Music For Life チケット先行販売
■Music For Life WEB SHOP チケット先行販売日程:
 2017年2月19日 (日) 11:00 〜 2月26日 (日) 23:00

 ※Music For Life で購入されるとオリジナル特典として「ランチョンマット」付き!
 ※特典の詳細につきましては、随時Music For Life WebサイトやSNSにて告知致します。

■Music For Life チケット先行購入受付はコチラ

※受付開始時間になりましたら公開致します。

 ■お問い合わせ
 HOT STUFF PROMOTION tel. 03-5720-9999

 ■主催:HOT STUFF PROMOTION / duo MUSIC EXCHANGE
■企画・制作:HARCOLATE
■協力:witz/POLYSTAR



音楽とエコのイベント「きこえる・シンポジウム」は、僕が主体性を持って関わっているイベントの一つです。

――HARCOさんは「食育」にも関わってきてたんですね。
●HARCO 食育アニメバラエティ番組「味楽る!ミミカ」内の音楽とエンディングテーマを担当させていただいた程度なんですけど。僕がやり続けてるという面では、「環境に対するシンポジウム」のほうが長いです。同じくミュージシャンである妻(Quinka,with a Yawn)と一緒に、音楽とエコのイベント「きこえる・シンポジウム」をこれまでに19回開催してきました。これは、僕が主体性を持って関わっているイベントの一つです。

――環境をテーマにということですが、具体的にはどの辺にポイントを置いているのでしょうか?
●HARCO 「100万人のキャンドルナイト」という企画に触発された部分が大きいんですけど、夏至と冬至の頃に開催して、ライブのなかで徐々に電気を使わずに、最後は完全アンプラグドで演奏をしていく、というのを続けていました。
それと、かならず1時間前後トークのパートを設けていて、環境ジャーナリストの方や、在来種の野菜を残す活動をしている方などをお招きしたり、東日本大震災の後は復興支援の活動をされている方もお呼びしました。震災で計画停電が増え、まわりでもアンプラグドのライブが増えていったことは、今も印象に残ってます。

――Quinkaさんとは、一緒にスローミュージックを軸に据えたアルバム『HARQUA』も出しました。
●HARCO あのときはHARQUA(ハルカ)というユニットとしてリリースしましたね。



「そこのラーメン屋、美味しいんだけどけっこう味が変わるよね」みたいな評価なんです。

――他にも、楽曲提供やミュージシャンとして作品への参加、シンガーソングライター・堀下さゆりさんのアルバムプロデュース、楽曲のリミックスやマスタリングなど、HARCOさんは多彩な表現活動を行ない続けてきています。
●HARCO 僕の場合は、なんでもちょこちょこっとですけどね。いろんなお話をいただき、いろんなことをやってきましたけど、どれもすべて、「HARCOとして自分と向き合いながらアルバムをコンスタントに出してきた」という根っこの部分があるから出来ること。そこが20年間歩み続けてきた芯の部分ですからね。

――HARCOさん自身、みずからの表現スタイルの変遷をどのように捉えているのでしょうか?
●HARCO 最初に宅録ユニットとして始まったことを考えたら、軸はだいぶズレてきたんですけど(笑)。1997年から2000年頃まで、アナログシンセを多用した作品を出しながら、近未来感や何処か宇宙っぽい感じなど、捉えどころのない感覚を持った世界観を描いてきました。でも2002年頃から、シンガーソングライター然としたスタイルへ次第にシフトチェンジしていくんですよ。だから、HARCOを始める当初に掲げたコンセプトとして活動をしていたのは最初の4-5年くらい。そこから徐々に「そのときの自分自身が表現したい音楽を形にしよう」というスタイルへ自然に変わっていきました。

――今のHARCOさんに繋がる音楽性が明確に現れだしたのは、どの辺からと本人は捉えています?
●HARCO 今に繋がるという面では、まさに中目黒に住んでいた頃に作った作品たち。僕は“コア三部作”と呼んでいるんですけど、『Ethology』『Night Hike』『Wish List』この3枚がHARCOとしての鍵となる作品だと思っていますし、リスナーの評価も高いです。
Ethologyとは動物行動学のこと。「人間という動物がどのような習性を持っているのか?」=「とあるシンガーソングライターの暮らしを等身大で聴いてもらう」という意味で名付けたんですけど。今にも繋がるんですが、それがHARCOとして描きたいテーマになり続けている、そんな感じです。

――その間には、「スズキアルト」のCMソングとして流れた『世界でいちばん頑張ってる君に』のヒットも生み出しています。
●HARCO もう何が悔しいって、自分の中で一番ヒットした曲を自分で書いてないってこと。あのときはシンガーとして参加。そのときに、柔らかくて普遍的なテーマの歌という面に触発され、シンプルな構成の楽曲のみを追求した『KI・CO・E・RU?』というアルバムへ結びつきました。その後に出した、ジャズやクロスオーヴァーなど大人っぽさを意識した『Lamp&Stool』も僕はお気に入りなんですけど。”コア三部作”からHARCOを好きになった人たちにとっては、その2枚はHARCOらしさとは異なるというか、「そこのラーメン屋、美味しいんだけどけっこう味が変わるよね」みたいな評価なんです。

――でも、前へ進む中で変化をしていくのは当たり前ですからね。
●HARCO そうなんですよね。どのシンガーも、そう。1枚目と10枚目のアルバムの歌声を聞き比べたら声も変わってるじゃないですか。漫画家さんだって、「こち亀」とか最初の頃と途中からではタッチも変われば、登場するキャラクターの性格にも変化が出ていたりする。長くやり続けていけば作風が変わるのは当たり前のことだと…そう開き直ってます(笑)。

20周年を記念した今回のツアーには各会場ごとに縁の深い人たちを呼ぼうと思っています。

――現状では最新作となる『ゴマサバと夕顔と空心菜』は、まさにHARCOさんらしさを反映した作品だなという印象を覚えます。
●HARCO このアルバムは、僕らしさを意識しながら、割と自分のことを客観視して作れたので、自分でも凄く気に入ってます。

――新作アルバムも待ち遠しいですが。その前に、今年の7月で活動20周年を迎えることから、そこへ先駆けるための東名阪を舞台にしたワンマンライブ「HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special -HIKINGS-」の開催を発表しました。
●HARCO 東京公演は、7月8日にduo MUSIC EXCHANGEで開催するんですけど。そこには、ゲストとして山田稔明(GOMES THE HITMAN)くんと、今は活動休止中のキンモクセイから伊藤俊吾くんがゲストとして登場してくれることが決まりました。まだ他にも声をかけているので、今後もゲストの方が増えれば、決まり次第いろいろ発表していこうと思っています。さらに名古屋公演にはカジヒデキさんが、大阪公演にはベベチオと杉瀬陽子さんが出てくれることも決まりました。各会場、以前にもコラボレートした経験のある、縁の深い人たちを呼ぼうと思っています。

――20周年の正確な日時はいつになるのでしょうか?
●HARCO 2017年の7月10日、だから大阪で7月9日に行う公演を終え、打ち上げをしている途中で20周年を迎えます(笑)。

――10周年のときには、ベスト盤『PICNICS -BEST OF HARCO- [1997-2006]』やライブアルバム『Live at SHIBUYA O-EAST "10th Anniversary Special -PICNICS-"』を出していましたよね。
●HARCO そうですね。その後に出したオリジナルアルバムの『KI・CO・E・RU?』も10周年を記念した作品として作りました。
あのとき、10周年を祝って行ったライブのタイトルに「PICNICS」と付けましたが、今回の20周年を祝うライブに付けたのは「HIKINGS」。「PICNICS」と付けたときは、「まだまだいけるぞ」という気持ちから、お出かけ気分の「PICNICS」という言葉にとどめたわけですが。20年経とうとしている今も、「GREAT JOURNEY」とするにはまだ早いんですよね。「もっともっといけるぞ」という想いを込めて、「PICNICS」よりは少し遠出しているくらいの「HIKINGS」にしました。

――今回の公演は、どんな内容になりそうでしょうか?
●HARCO 具体的な内容はこれからなんですが、今のHARCOと20周年を振り返ってのHARCO、その二つの表情を見せられたらな、と何となく思っています。

今回のツアーは同世代のゲストが多くなると思うので、互いにねぎらいあうみたいな。そんな関係性も見せながら楽しみたいなと思っています。

――7月10日から幕を開ける20周年の期間には、いろんなことも考えているのでしょうか?
●HARCO いろいろ考えてます。一つは、過去最大数の全国ツアーをやります。と言っても、どこも30人くらいは入ると満員になりそうな、カフェ、ギャラリー、映画館やコーヒーの豆屋さんなど、小さなスペース。それらを舞台に、一人でまわるつもりです。これまでの最大本数が20ヶ所だったので、21ヶ所は行こうと思っています(笑)。

――HARCOさん自身、20年間はあっと言う間でした?
●HARCO そうですね。とくに後半の10年はあっと言う間でした。
ただ、これからは健康歩行じゃないけど、歩くときは爪先でしっかりと土を蹴り上げ、一日一日をちゃんと踏みしめながら歩んでいこうと思っています。

――最後に、改めて7月8日のduo MUSIC EXCHANGE公演へ向けてひと言お願いします。
●HARCO HARCOのアニバーサリーはもちろん、今回のツアーは同世代のゲストが多くなると思うので、互いにねぎらいあうみたいな。そんな関係性も見せながら楽しみたいなと思っています。