1. HOME
  2. EVENT
  3. 2017年7月12日 (水) アルバム発売記念ライブ「タイム・フライズ」おおはた雄一 Special Interview

2017年7月12日 (水)
アルバム発売記念ライブ「タイム・フライズ」おおはた雄一 Special Interview



おおはた雄一

 ■開催日時
 2017年7月12日 (水)
 19:00 OPEN / 19:30 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,300(税込) / 当日¥3,800(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■販売プレイガイド / チケット発売中!
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:329-608】

  http://l-tike.com【Lコード:72270】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716

おおはた雄一

8枚目となるオリジナルアルバム『タイム・フライズ』を4月27日にリリースしたシンガーソングライター&ギタリスト、おおはた雄一。光陰矢の如しを意味する“タイム・フライズ”。“時間”を裏テーマに書かれた楽曲たちは何気ない日常の心理描写が描かれ、多くの共感と共に、忙しない日常の中で一度立ち止まって考える時間を持たせてくれるような作品。そんなアルバムを引っ提げて7月12日にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにてアルバム発売記念ライブ「タイム・フライズ」を開催する!!

 インタビュー・文:牧野りえ

なんとなく今回はひとりっきりで作ろうと思ったんですよ。

──今作『タイム・フライズ』のテーマになったことはありますか?

●おおはた雄一(以下、おおはた):“時間”というのがひとつの裏テーマかなと思って書いてました。それぐらいですかね。今までにも“時間”をテーマに書いた曲は結構あるんですけど、最近ますます時間が経つのが早い気もするし。あとツアー先で小学校の女の子がインタビューを受けてるのを観たんですけど。震災の後だったのかな? “命って時間のことだと思うから”みたいなことを小学生の女の子が言ってて。それを聞いてすごく衝撃を受けたのを覚えていますね。

──タイトルチューン「タイム・フライズ」もまさしく“時間”がテーマの曲ですね。

●おおはた:前作の時からあった詞で、“光陰矢の如し”みたいなイメージで書きました。たまに愕然としますよね、今の自分の年齢を思うと。でもそれって、25の時も思ったはずだし、35の時も思ったはずなんですよね。いくつになっても年齢に慣れないというか。35に慣れないなと思ったら36になっちゃうし、36に慣れないなと思ったら37になっちゃうし。

──おおはたさんご自身、以前の作品と変わったなと思う部分はどんなところですか?

●おおはた:自分に言ってたり誰かに語りかけてるようなものが多いと思うんですけど、昔よりはストレートにはなったと思いますね。40過ぎた男の臭さが出てきたなと自分でも感じましたけどね。レコーディングではより自由に、より力抜けてきたなって思います。委縮せず、マイクの前で素になれるようになってきたというか。それはここ何作か一緒に作ってきたエンジニアとの関係性もやっぱり大きいと思うんですけど。

──今作は全曲、おおはたさんおひとりで演奏されたそうですね。オリジナルアルバムでは初めての試みだと。

●おおはた:なんとなく今回はひとりっきりで作ろうと思ったんですよ。まずは弾き語りをしてギターと歌を録って、そこにちょっとだけ色づけをするという感じですね。エレキギターを重ねたり。そこでベースやドラムを重ねてしまうとつまらなくなっちゃうんですよ。ひとりでバンドを再現するほど寂しいものはないというか、そこまではやりたくなくて。やっぱり自分のギターだけで完結したかったんですよね。

──ジャッジはおおはたさんご自身ですか?それともディレクターさんが?

●おおはた:ディレクターはいないんですよ。エンジニアとスタッフがひとりないしふたりいるぐらいで。みんな自分より下の世代なんですけど結構ズケズケとモノを言ってくるんですよ(笑)

──そうですか(笑)

●おおはた:それこそジャケットデザインもここ何作かsunuiというチームが手掛けてくれてて、“聴いて好きなようにやってください”みたいな感じで基本はお任せで。みんな自分の作品として“ああでもない、こうでもない”と言ってやってくれてるのは嬉しいですよね。

   

おおはた雄一

おおはた雄一

1975年茨城県生まれ。シンガー・ソングライター、ギタリスト。
2004年1stアルバムを発表。現在までにオリジナルアルバム7枚のほか、
カバー集、ギターインスト集など合わせ、13枚のアルバムを発表している。
代表曲「おだやかな暮らし」は、多くのアーティストにカバーされる。
楽曲提供(湯川潮音、畠山美由紀etc)、アルバム参加は100作以上にのぼり、
映画・CM音楽、ナレーション等活動は幅広い。
ライブでは、芳垣安洋(dr)・伊賀航(B)とのトリオや、坂本美雨とのユニット「おお雨」
福岡晃子(チャットモンチー)とのユニット「くもゆき」などでも活動。

2016年、金井純一監督の映画「ちょき」オリジナルサウンドトラック全編と、主題歌を担当。
サントラ盤をアナログレコードでリリースした。
2017年4月、8枚目となるオリジナルアルバム「タイム・フライズ」をリリースする。

■おおはた雄一 Webサイト
 https://yuichiohata.com

関連コンテンツ