1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk① 柴田聡子×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716

『ピテカントロプスになる日 Vol.4
 ~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk①
柴田聡子×柳原陽一郎

ともに独自のセンスによる歌詞の世界が、常に注目されている柴田聡子と柳原陽一郎。その着眼点は音楽のみならずトークでも健在。なぜか「アゼルバイジャンと蒲郡」「ジャンプ競技」「スターの孤独」でスイッチが入り、ある意味ハッピーに暴走した挙げ句の果てに、なんと「曲、作っちゃう?」に着地するとは……。どこかを濃く共有しているとしか思えない2人による予想のつかないコラボレーション、ちょっとスゴいことになりそうです。

『ピテカントロプスになる日』とは──。
柳原陽一郎(ex.たま)のデビュー25周年の2015年にスタートした、出演者それぞれの演奏だけでなく、お互いの音楽をシェアすることもテーマとしたライブイベント。毎回、セッション曲の素晴らしさにも定評がある。
『ピテカントロプスになる日』

「“なんで!”って思いながら歌ったら、今までやってきたことの何よりも手応えがあって」(柴田)

●柳原陽一郎(以下、柳原):音楽をやり始めたきっかけって、何だったんですか。

●柴田聡子(以下、柴田):そもそも私、小学校から高校までバスケットボールをやってて。完全に体育会系だったんですね。でも部活がなくなってからはちょっとヒマになったんで、家にあったお父さんのギターを弾いてみようかって思ったのが始まりですね。それで最初はゆずとか弾いてました。当時、地元の札幌ではストリートミュージシャンが流行ってたんで、なんか弾き語りっていいなと思って。

●柳原:そこで自分も曲を作ってみようと?

●柴田:その前に、友達に「私アイドルをやろうと思うんだ」みたいな子がいて。ラミ子ちゃんっていうんですけど、「アイドルなら歌えないとダメだから、私が作る」と言って作った『ラミ子のテーマ』が最初の曲作りです。

●柳原:歌い出しはどんななの?

●柴田:「お花畑から来ました」「食べ物は花の蜜です」っていう(笑)。それで初めて自分の曲を作ったのは大学4年のときです。

●柳原:音楽をやるような女の子って、だいたい15~16歳から曲を書いたりするけど。遅咲きのほうなんですね。

●柴田:今も咲いてるかわかんないですけど(笑)。

●柳原:咲いてますって(笑)。歌は好きじゃなかったんですか? 友達とカラオケに行くとか、なかった?

●柴田:そもそも歌うってことがあまりなくて。カラオケもお母さんとばっかり行ってました。友達と一緒だと緊張して歌えないんです。「歌って」と言われても、あたりさわりなく盛り上がる曲を歌ってましたね。

●柳原:どんな曲を?

●柴田:モーニング娘。とか。

●柳原:歌ったら、みんなが盛り上がってくれるような。そうすれば歌ってる私の存在は消えるぞ、みたいな。

●柴田:そうです、そうです。あ、あとSPEEDも歌ってました。

●柳原:よかったですよね~、SPEED。

●柴田:大好きだった。『Body & Soul』とか最高でしたよね。友達ん家で延々踊りましたもん。

●柳原:そういう、どちらかというと奥手な人が、なぜギターを持って自分で曲を作って歌おうと思ったんでしょ。

●柴田:大学が武蔵美(武蔵野美術大学)だったんですけど。大学4年のとき、卒業制作に関するプレゼンの場で、先生にいきなり「お前は歌うか踊るかするんでしょ?」って言われたんです。

●柳原:美大の卒業制作で歌うか踊るか? ……なんで?

●柴田:私、映像科だったんですけど、先生がけっこうクレイジーな、メディアアートの世界的な第一人者のおじいさんで。でも「どうしてそんなこと言うんだよ!」って思いながらも歌ってみたら、今までやってきたことの何よりも手応えがあって。しかもこんなに褒められたのは人生初っていうくらい、めっちゃ華々しく褒められたんです。

●柳原:どういう褒めだったの、それ(笑)。

●柴田:フランス人の電子音楽の大先生に「とにかく一緒にバンドをやりましょう!」って言われたくらい。それが嬉しくて。

●柳原:また出てきたよ、大先生が(笑)。いっぱいいるねぇ、大先生。

●柴田:そうなんです、気さくな大先生(笑)。

●柳原:そのバンドでも曲を書くようになったんですか?

●柴田:基本はインプロビゼーションのバンドだったんで、私も即興で言葉を言って。それを録音しておいて、あとで書き留めたり、再考して歌詞にするという感じでした。

●柳原:同じ同じ。たまのときはそうやって作ってた。なんだろ、なんか新しいことが起きてるような感覚があったよね。

●柴田:わかります。ちょっと意地じゃないですけど、新しいものを見つけてやるぞ、みたいな。楽しいだけじゃない道のりでもあるのに、何か見つけたいっていう気持ちがあって。

●柳原:そうそう。みんなで山登りしてるようなね。苦しいときもあるけど景色はいいし、達成感もあるし。そういう瞬間が無性に恋しくなるときがありますね。口からでまかせで喋ったことが、再構成されて歌になるような瞬間。ホントに昔はそういうのばっかりだったから。だからソロになったとき、すごく困りました。そんなふうに作れる場がなくなっちゃったんで。

●柴田:自分で全部考えなきゃいけないですもんね。

●柳原:そそそそ。だからいろいろ変わっちゃって。歌詞もだいぶ変わりましたよね。

      

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ