1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk① 柴田聡子×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716


「歳とって“今どこ住んでるの?”“蒲郡”って言う自分を想像するとドキドキする(笑)」(柳原)

●柳原:新しいアルバムの『愛の休日』、いいですね。それでね、『大作戦』という曲なんだけど、どうして、途中でチアガールになるんですか?

●柴田:これはもうヤケのヤンパチの歌なんです。大人になると武器もないし自信もないのに、やんなきゃいけないときってあるじゃないですか。

●柳原:そこで開き直って何もやらない人もいるけどね。やるタイプなんですね、柴田さんは。

●柴田:そうなんです。で、そういうときって「成功する! 大丈夫、大丈夫!」みたいに言い聞かせるしかない状況だから。自分のなかに応援団を作るために。

●柳原:チアガールがいるんだ!

●柴田:だから「頑張れー! 頑張れ頑張れ!」って応援してるだけの歌なんですけど。自分頑張れソングっていうか。

●柳原:でもその前にさ、「行きたいところはないかと訊かれてアゼルバイジャン」ってあるんだけど、それも気になる。このアゼルバイジャンは? 出てきちゃったの?

●柴田:そうです。書いたのがリオ五輪のときだったんですけど、出場国を見てて「アゼルバイジャンの○○○○」って聞くたび、なんか、……へっ!?ってなっちゃうんですよね。

●柳原:もしかしてアゼルバイジャン!って言いたくなるんじゃない?

●柴田:そうなんです! アゼルバイジャン!って。

●柳原:そういう言葉の瞬間ってありますよね。はぁ!ってなる。

●柴田:あります、あります。

●柳原:僕ね、それ「蒲郡」なの。

●柴田:蒲郡! わかる~。ちょっと文字も想像つかないですよね。

●柳原:歳とって「今どこ住んでるの?」「蒲郡」って言う自分を想像するとドキドキする。口にするだけで幸せになる感じでしょ?

●柴田:そう。この言葉が国の名前として存在してる感じが、すごい不思議で好きなんですよ。

●柳原:あとね、『ゆべし先輩』、いい歌ですよね。

●柴田:ありがとうございます。嬉しい。もち肌の先輩の話なんですけどね。

●柳原:それとこれこれ、『リスが来た』。

●柴田:これは山本精一さんの歌詞なんです。リスの歌詞があるってメールで送られてきたんですけど、最後に「ダイエットしながら 太ってんじゃねー!!」って改行された1行があって。ビックリマークとかついてるし、これは歌詞なのか? わからないけど歌詞だろうって判断して入れたんですけど。

●柳原:そこ、ビックリした。

●柴田:私もビックリしました。だから、ちょっとこの変な感じに太刀打ちできる曲を頑張って作ろうと。

●柳原:太刀打ちしてるしてる。いい曲ですよ。

●柴田:変な曲がんばろーと思って。それだけを念頭に置いて作りました。

●柳原:僕、幼稚園の頃、牛が来る夢に1年間ずーっと苦しんだんですよ。牛が抱きつくんですわ、僕に。身動きが取れなくなる。

●柴田:あはははは、怖い。

●柳原:しかも牛がすごく怖い顔をしてるの、ギョロ目でね。だから何かが来る恐怖っていうのがすごくわかるんです。で、「リスが来る!」って書いてあったから。うわっ!でかいリス、来たかなって(笑)。で、最後の『愛の休日』がまとめっていうか、これでケリがつく感じですね。

●柴田:最高にアッパーになって終わろうみたいな。

●柳原:『愛の休日』っていうのは、愛がお休みの日ってことなんでしょ?

●柴田:そうです。

●柳原:愛に満ちあふれた休日じゃなくて。

●柴田:そうそう。

●柳原:そうなんだろうなって思うと、全部つじつまが合うの。

●柴田:私、休みがちなんで、愛を。

●柳原:なるほど、愛のストライキ的な。

●柴田:そうなんです。

      

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ