1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716

『ピテカントロプスになる日 Vol.4
 ~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk②
奇妙礼太郎×柳原陽一郎

共通点は「郎」がつく漢字5文字の名前と「出たとこ勝負のでまかせ」の歌詞。そして違いは「でまかせ」が未だ「現在進行形」である人と、「すでに卒業」した人であること。この2人によるステージは、なんとなく予想がつきそうな、でも全く予想外のコラボレーションになるような……ちょっとあなどれない組み合わせ。という郎×郎対決、しかと目と耳に焼き付けにいらしてください。

『ピテカントロプスになる日』とは──。
柳原陽一郎(ex.たま)のデビュー25周年の2015年にスタートした、出演者それぞれの演奏だけでなく、お互いの音楽をシェアすることもテーマとしたライブイベント。毎回、セッション曲の素晴らしさにも定評がある。
『ピテカントロプスになる日』

「ケンカするわけでも、モテるわけでもない、何もないけど、案外満足してる青春(笑)」(奇妙)

●柳原陽一郎(以下、柳原):はじめまして~。

●奇妙礼太郎(以下、奇妙):僕、柳原さんっていうか、たまっていうことだとニュース番組で見た覚えがあるんですよね。なんて言ったかな……、あの、足が綺麗な人の……。

●柳原:小宮さん。

●奇妙:あっ、そうです、小宮悦子さん。

●柳原:『ニュースステーション』ですね。

●奇妙:その思い出があるんですよね。

●柳原:なんだろ、記憶にないなぁ……。でもだいたいニュースっていうと「変わった人たちが出てきましたよねぇ。困った世の中ですねぇ」っていうくくりのオチがくる、みたいな。

●奇妙:ふはははっ。関西では“イカ天”(注:いかすバンド天国)をやってなかったんで、バンドブームの話になると不思議な感じになるんですよね。でも小学校6年生くらいのとき、テレビに出てきたブルーハーツの『リンダリンダ』を見て、怖いなと思ってチャンネルを変えたのは覚えてるんです。ドリフを見たかっただけなの、「うわっ、怖い!」と思って(笑)。

●柳原:たしかに子どもには怖い(笑)。じゃ、最初に自分で買ったレコードは何でした?

●奇妙:レコードは大人になってからですね。だから最初に自分のお金で買ったのはCDで、たぶんレニー・クラヴィッツです。

●柳原:すごい人気が出てきた頃の。

●奇妙:親に買ってもらったのやと、『ウィングマン』(注:夢戦士ウイングマン)っていうアニメの本がついてるカセットテープだった気がするんですけど。特別なノートがあって、それに描いたものが現実になって現れるという話のアニメで。それの♪ウィングマ~ン、飛べない空を~みたいな曲のカセットを買ってもらった覚えがありますね。あと、家にあったCDとかカセットとかもよく聞いてました。押し入れのなかに打ち捨てられた感じでブワ~とあって。ヒマやからウォークマンみたいなやつで、いろいろ聴いて。

●柳原:それは、どんなジャンルの音楽だったんですか。

●奇妙:いろいろあったんですけど、好きやったのはカセットにダビンされてた上田正樹とサウストゥサウス。

●柳原:お父さんとかお母さんが好きだった?

●奇妙:そういう話、したことないんですよね。でもお父さんは、やしきたかじんさんが好きでした。車のなかに、やしきたかじんさんの歌を歌ってるお父さんのカセットテープがあって。スナックとかで歌うための練習を、車のなかでしてるんやろうなぁと思いながら聞かされてました。

●柳原:でも最初に買ったのはレニー・クラヴィッツ。

●奇妙:なんでかわからないですけど(笑)。

●柳原:お父さんは音楽が好きだったんでしょうね。

●奇妙:だと思います。ギターも家にありましたから。

●柳原:お父さん、自分でも音楽をやる方なんですね。

●奇妙:なんかやってましたね、変なパネルもありましたね。

●柳原:パネル?

●奇妙:思い出なんでしょうね、「若いとき、こんなんしてた」っていう。ギター弾いて歌ってる写真のパネルが飾ってあった。

●柳原:どんな歌を歌ってたんだろ。

●奇妙:どうなんでしょうね。

●柳原:あんまり喋んないんだ、お父さんと。

●奇妙:そうなんですよね。仲悪いとかじゃないんですけど。

●柳原:お父さんから「あの歌がさ」とか、「俺はこう歌う」とか、そんな話にはならないの?

●奇妙:何回かありましたけど、思いっきり無視しますね。まだ自分も若かったから、「歌詞、もうちょっと考えたほうがいいと思うけどなぁ」とか言われても無視。

●柳原:そこらへんの話はプイッといくよね。褒められてもプイッとなるしね。確かにそうだ。

●奇妙:そう、そうなんですよね。

●柳原:音楽をやろうと思ったのはいつ頃? 中学とか高校?

●奇妙:それが、すごく音楽が好きとか、のめり込んでるとかではないタイプで。僕、その、なんて言うんですかね、しんどいことがイヤで。だから勉強もスポーツも、なんにもできなかったんです。

●柳原:でも学校には行ってた。

●奇妙:行ってました。だけどケンカするわけでもなく、モテるわけでもなく、何もない人達でちょっと集まって。毎日そういう4、5人でゲームセンター行ってました。それで王将かマクドナルドに行ってワイワイって帰る。という何もない青春(笑)。

●柳原:そこで何もない人達が集まって「俺達あまりにも何もなさすぎるぜ、一発何かやってやるぜ!」みたいな話も。

●奇妙:ない。案外満足してるんですよね。学校に不満もないし、帰ったらおやつあるし、テレビ面白いし。幸せでしたよね(笑)。

●柳原:僕も高校生のときは学校がつまんなくて。でも奇妙さんと違うのは全然満たされなくて、足りない足りないと思ってた。

●奇妙:さてはロックンローラーですね。

●柳原:やめてくださいよ(笑)。だけどヘタレではあって。いかにしてポルノ映画館に入り込むかとか、そんなことばっかり考えてましたから。

●奇妙:そこ、一緒ですね(笑)。

      

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ