1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716


「こんなこといつまでやっていられるんだろ、と思いながらのだましだましが面白いのよ(笑)」(柳原)

●奇妙:歌っていうことだと、ちょうどコンテナを改造したカラオケボックスができ始めた時期で。中高生のお小遣いで行けるくらいの金額やったんで、みんなと行って順番に歌って。そしたら友達が褒めてくれて。

●柳原:何を歌ったの?

●奇妙:チャゲアス(注:CHAGE and ASKA)とか歌ってた気がするんですけど。その頃『SAY YES』がめっちゃ流行ってたんで。それまで何かして褒められたことがなかったんで、嬉しくて。

●柳原:それで家にギターもあるから。

●奇妙:触ってみようと思って。本棚に浜田省吾さんのコードブックみたいなのもあったんですよ。めくってみたらコードが書いてあって、下のほうに弦の押さえ方のダイアグラムもあって。楽器とか触ったことなかったんですけど「できるかもなぁ」と思って。

●柳原:浜省を歌った。

●奇妙:歌いました。浜省、好きなんです。

●柳原:それで? まだオリジナルには辿りつかない(笑)。

●奇妙:全然です。カセットのレコーダーに誰かの歌を歌って吹き込んで、それを巻き戻して聴いて。やっぱ下手なんで、どこを直したらいいんかなって考えて。元の歌に寄せていくって感じで遊んでたんですけど。それが楽しくて一人でやってましたね。でもこれを人に見せたりとか、これを仕事にしたいとか、全くなくて。

●柳原:するとオリジナル曲を作ったのはいつになるんですか?

●奇妙:初めて組んだアニメーションズっていうバンドがライブハウスに出るにあたって、「どうも、そういうオリジナルみたいなのがいるらしい」ってことになって。みんなでスタジオに入って、なんとなく曲を作ったのが最初ですね。

●柳原:曲を作る前にバンドを作っちゃったってことは、最初はコピーバンドかなんかで。

●奇妙:大学に入った頃、ギター弾いたりするのが好きやったんで軽音楽部に入ったんですけど。そこではいろんなコピーバンドをやってて。でも「外でなんかするときは人の曲はあかんみたいだから、どうします?」ってことになって。

●柳原:ゲーセンと王将の退屈だけど満たされてる毎日から、ちょっと違う感じになってきたんですかね。

●奇妙:いや、あんまり変わってないかも(笑)。実家がうどん屋というか、製麺所みたいなのをやってて。それを継ごうと思ってたから別に勉強する必要もないし、のんびり生きていこうって、趣味でバンドとかやって楽しく過ごしてたんです。だけど26歳くらいのときに、その頃は僕も実家の製麺所で働いてたんですけど、それが潰れて。このままじゃまずいなぁと思いながら、ゲーム機の故障を受け付けるコールセンターでバイトを始めて。でもなんちゅうんですかね、毎日職場に行くの、イヤやなぁと思って。

●柳原:仕事が大変だった?

●奇妙:仕事自体は楽しかったんですけど、毎日同じ時間に起きていくのも大変やなぁとか(笑)。あとその頃、なんか一人で歌ったりもしてて、友達のイベントに誘われて出ることもあって。遊びに行く延長だったんで、お金もらうことはなかったんですけど。呼んでくれるんやったらお金ももらえるかなと思って、一回請求してみたんです。行って帰ってくるのもお金かかるから、みたいに。そこで「なら、もういいわ」って言われたら、それはそれでいいしって思ってたら、案外すんなりお金くれんねんなって。

●柳原:交通費にプラスちょっとくらい出して、って。

●奇妙:「あれっ? くれるんやなぁ」と思って。気持ち的にはそれの延長で今もやってるって感じで。だから、こんなこと、そのうちなくなるやろうな、とも思いますね。

●柳原:お金をくれる人がいなくなるかも。

●奇妙:ええ、ええ。そういう気持ちもすごいありますね。

●柳原:それはビビる感じ? そんなもんかぁって感じ?

●奇妙:そりゃそうやろうな、みたいな。そのタイミングを、なるべく伸ばしていきたいですけどね、だましだまし(笑)。

●柳原:こんなこといつまでやっていられるんだろ、と思いながらのだましだましが面白いのよ(笑)。でもさ、もし製麺所が傾かなかったら、今も大阪でおうどん屋さんをやってるのかな。

●奇妙:やってます、やってます。で、趣味はギター弾いて歌うことって言ってると思う(笑)。

●柳原:そういう物の考え方って、自分の気持ちの根本にあったりする? 堅苦しい言葉でいうと「諸行無常」じゃないけど。

●奇妙:そうですね、妙に期待しないことにはしてますね。誰かがこんぐらいやってくれるやろう、みたいに思ってたときもありますけど、逆にしんどくなってくるから。

●柳原:期待するのがね、わかるわかる。

●奇妙:だから自分の範囲のことはちゃんとやろう、みたいな感じですかね。

●柳原:東京に出てきたのはいつ頃?

●奇妙:4年くらい前です。自分から頑張って東京にライブをしに行ってたときもあるんですけど、8年くらい前から東京のライブがわりと普通に入るようになって。5年くらい前に、大阪の仕事より東京のほうが全然仕事あるなぁと思って。だから出稼ぎ感で来たって感じです。

       

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ