1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716


「バンドをしてるからバンドマン、それが一番しっくりきます」(奇妙)

●柳原:奇妙さんは自分の職業を聞かれたとき、なんて答えるんですか? ロックシンガー?

●奇妙:バンドマンって答えてます。なんかミュージシャンっていうほど音楽的な教育も受けてないし。コード見て弾かなあかんみたいな感じなんで、よくわかってないんですよ。かといってシンガーソングライターっていうほどの曲も作ってないし。歌手っていうほど歌が上手でもないし。バンドをしてるからバンドマン、それが一番しっくりきます。

●柳原:じゃバンドじゃないとダメなの?

●奇妙:そうですね。バンドマンの人がヒマなときに弾き語りしてるっていう。

●柳原:それが奇妙礼太郎。だったら、ミック・ジャガーのようにパーマネントなバンドができれば、そのほうが楽ですか?

●奇妙:そうですね、いいですね。今ちょっとそういうふうにしていこうかな、って思ってるところなんですけど。

●柳原:そのときは奇妙礼太郎っていう名前じゃない別の名前になるのかな。それとも奇妙礼太郎となんとかになるのかな。

●奇妙:奇妙礼太郎でやろうかなと。

●柳原:奇妙礼太郎がバンドの名前なんだ。

●奇妙:それがいいかもって思ってますね。

●柳原:そもそもいつから奇妙礼太郎という名前なんですか?

●奇妙:アニメーションズっていうバンドをやり始めたときからです。なんか日本人の名前で、チラシとかで目にしたときに一回くらい見てみたいと思うような名前がいいと思って。まぁでもどう考えても(忌野)清志郎さんのマネって感じしますけどね(笑)。

●柳原:今もいくつか平行してバンドをやってますよね。それは奇妙さんのなかで役割が違うバンドなんですか?

●奇妙:違いますね。天才バンドは、Sundayカミデさんっていう人とやってるんですけど。その人がとにかく面白くて週一回くらいは会って喋りたいんですね、だったら一緒に仕事するしかないなぁって。バンドとかやったら一緒にいる時間も必然的に増える、みたいな。音楽的にはバンド自体がコミュニケーションするのが楽しいって感じですね。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団は今はやってないんですけど、けっこう大所帯のバンドで。とりあえずステージの上に人がいっぱいおったら、見にくるんちゃうかなって、そういうよこしまな気持ちで始めた感じですね。あとアニメーションズも細々とやってます。1stアルバムを出してから曲も増やさず10年以上やってるんですけど。年に3回くらい誰か呼んでくれるんで、同窓会みたいな感じでやってて。25分ライブして終わり(笑)。これも年に何回か顔見たいからやってる感じですね。

●柳原:それにしても新しいアルバム『YOU ARE SEXY』、いいですねぇ。

●奇妙:ありがとうございます。

●柳原:すごく面白いピアノだと思ったんですが、あれはどなたが弾いていらっしゃるんですか。

●奇妙:バンドメンバーの中込陽大くんっていう人が。あれ、アップライトピアノなんですけど、使う予定じゃなかったんで調律とかしてなくて。変な音がいっぱい入ってるんですよね。

●柳原:あとドラムも面白い。

●奇妙:このアルバムは中込くんと2人でスタジオに入って録ったんで。だからドラムも僕か中込くんのどっちかが叩いてるんです。

●柳原:だからなんだ~! なんでこんなドタバタしてるのに歌にあってるんだろって思ったんだけど。

●奇妙:歌いながら叩いてるんです。

●柳原:そうなんだ、2人なんだ。……とても変わった音だなと思って。ちょっとホワイト・ストライプスとかの匂いもするなぁと。

●奇妙:やりっぱなしみたいな感じですよね。

●柳原:ビートルズの『ホワイトアルバム』とかね。あえてイントロもなくバッと曲が始まったり、曲の途中からバッと入ったり。それは、そういう曲ができたというより、そういう感じにしたかったの? いい意味での雑多なというか。

●奇妙:結果そうなったんですけど、ずっと録りっぱなしにしてたんで。どっちかがなんかやり始めたやつに、こんなんかなって乗っかってくというやり方だったんで。

●柳原:スタジオに入るときには歌詞はあるの?

●奇妙:ないんです。

●柳原:バンドマンだねえ~、ほんとにバンドマンだわ~。

●奇妙:はははは。楽しい作業でしたけどね。でもなんか自分のいいところと、自分ってこういうとこがあるなぁ……っていう、ちゃんと決まってないままどんどんやってくところが、全部入ってて。だからなんちゅーんですかね、出すのにけっこう怖いなとも思ったんですけど。

●柳原:あまりに自分だから?

●奇妙:きっちりパッケージされてるものじゃないから、どういう反応になるのかなぁって。

       

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ