1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~』



柳原陽一郎


柴田聡子


奇妙礼太郎

 ■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要

 ■チケット一般発売日
 2017年9月15日 (金)

 ■販売プレイガイド
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:343-699】

  http://l-tike.com【Lコード:76356】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 duo MUSIC EXCHANGE tel. 03-5459-8716


「ずっとでまかせって、すごいことですよ。恐ろしいですよ、そのパワーは」(柳原)

『ピテカントロプスになる日』

●柳原:このアルバム、作り方としては珍しい感じなんですか?

●奇妙:そうですね、この段階でバッと出したりするのは今までなかったですね。

●柳原:僕はさ、メロディックな人間って言われてたんだけど、実はそんなことはなくて。最初に言葉がないとダメなタイプなんですよ。だから言葉がない状態でレコーディングするっていうのは、もう恐怖でしかない感じなんだけど、そうではないんだよね。

●奇妙:恐怖です。

●柳原:恐怖だけどやってるの?

●奇妙:……自分が書いた歌詞、そんなに好きじゃなくて。

●柳原:歌詞を書くのは、あんまり好きなじゃない?

●奇妙:なんか……、家で作業するとか、一人で音楽を作っていくっていう感じが全然わからなくて。

●柳原:バンドマンだからね。

●奇妙:ええ。反応してくれる人がいる状態じゃないと何も始まらない。相手ありきなんで、一人で曲書く人ってすごいなぁと。

●柳原:もちろん僕も、歌詞も構成も曲の設計図が全部決まってることなんてないですよ。

●奇妙:自分がいいなって思う曲と、自分が作ってる曲にけっこう開きがあるなぁと思ってて。自分がいい曲やなぁって思う曲に比べると、自分の曲は足りひん部分がいっぱいあって、穴だらけだなって思うんです。特に今回のアルバムはすごい穴が開いたままの状態になってるので。これ、みんな、どういうふうに思うんやろうなぁと思うと、そわそわしてます。

●柳原:その穴がすごく面白いと思いましたよ。

●奇妙:それ、すごく嬉しいですね。

●柳原:そういう穴があると、言葉以上に心が揺すぶられるというか。そういう曲が多いアルバムだなぁと思った。僕が一番好きな曲はね、……なんだと思います?

●奇妙:うっわ~~~!

●柳原:もちろん『君はセクシー』はいい曲だなと思いました、うんうん。

●奇妙:自分が好きなのは『わたしの歌』と。

●柳原:ピアノが朗々とした越路吹雪さんの曲のような。

●奇妙:そうです、そうです。あと『春だったのかな』とか、『新しいノート』とか。

●柳原:それそれ。『新しいノート』は、「心がない」っていうフレーズが出てくるじゃないですか。すごかったなぁ。エルヴィス・コステロのデビュー曲『ウォッチング・ザ・ディテクティブズ』のサビに「彼には心がない」っていうのが出てくるんだよね。

●奇妙:うっわー! 当たったー! 2人で長いセッションしてたら、なんとなくそういう言葉がブワーッと出てきて。言いながら自分のことやなぁ、やばいやばいやばいと思って。

●柳原:ちょっと待って待って待って。歌詞がないって、もしかして、でまかせで歌ってるの?

●奇妙:そうですね、ほとんどそうですね。

●柳原:…………レコーディング、しながら?

●奇妙:はい。無茶苦茶ですよね。

●柳原:はぁ~~~~。……だからさ、僕、聞こうと思ったの。どう見てもでまかせで歌ってるよな、と思って。

●奇妙:そうです。

●柳原:だってさ、歌が自然なんだもん。歌詞を歌ってるように聴こえないんだよ。途中で笑ったり、グスッとか言ってるじゃない、あ~ぁとかさ。

●奇妙:言ってます、言い間違いとかもあるんですよね。

●柳原:なるほどねぇ、やっぱりそーなんだぁ。じゃあ、あとで歌を乗せるわけじゃないんだ。

●奇妙:そうですね。

●柳原:えっ、じゃなに? 歌詞が、その場で出てくるの?

●奇妙:無理矢理なんか言っていくっていうか。

●柳原:それ、すごくないですか。ちょっと俺、無理無理。無理っていうか31歳で諦めた。それまですごくそういうタイプで、もう嫌がられてたの、歌詞が毎回違うって。

●奇妙:すげえな、それもすごいですね。

●柳原:どちらかというと、たまのメンバーはきっちり作ってくるほうだったから。ちゃんと歌詞カードがあって、コード進行が決まってて。俺だけ、でまかせでよろしく~、♪ヘリコプタ~~とかやってたから。ものすごく軽薄なヤツということになってたんだけど。でもそれをお続けになってらっしゃる。

●奇妙:家でなんにも書けないんですよ。

●柳原:例えば聴いていた人達に影響を受けてたりしますか? レニー・クラヴィッツでも、ジョン・レノンでもいいんだけど。

●奇妙:ジョン・レノンはボックスセット買いました、中学生くらいのときに。

●柳原:俺も、いい歳で買いました(笑)。でもジョン・レノンのボックスセットに似てるかもしれない、『YOU ARE SEXY』は。

●奇妙:ボックスセット、好きな音なんですよね。中高生くらいのときに聴いてた音から、基本的に離れられないんですよ。

●柳原:いいですよね、『ストロベリーフィールズ・フォーエバー』のデモバージョンとか。

●奇妙:ジョン・レノンのパッとやった感じのやつとか、好きで。『ホールド・オン』っていう曲とか。

●柳原:もんのすごい偶然! 今日、『YOU ARE SEXY』を聴きながら、『ホールド・オン』歌ったらいいだろうなと思ってた!

●奇妙:あっ! ぜひやりましょー!

●柳原:すっごいいい曲だよね、あれ。

●奇妙:好きですね。淡々としてて。

●柳原:でも驚きました、ずっとでまかせって。それ本当にすごいことですよ。びっくりした。恐ろしいですよ、そのパワーは。

●奇妙:というか、現状を受け入れるって感じだけですけど。

●柳原:また釈迦みたいなことを。

●奇妙:いやいや、こんぐらいやな自分は、ってだけです。

●柳原:喩えて言うなら、ダウンタウンさんのフリートークみたいな感じなのかな。

●奇妙:うわっ、そんな敷居高いですね。だいぶ、神業みたいなじゃないですか。

●柳原:同じふうに見えるもん。

●奇妙:……いや、そんな。

●柳原:だってパッと出てきて、ちょっとネタがあったら、それを広げてくみたいな。

●奇妙:それで何かできたらすごくいいんですけど。

●柳原:すごいわ。やっぱバンドマンはすごい。

●奇妙:でも歌詞のきっかけになりそうなものは、いろいろ持って行くんですよ。ビートルズの日本語訳したやつとか、雑誌とか。

●柳原:雑誌?

●奇妙:『JJ』とか見ながら。

●柳原:女性誌の? それを見て歌うの?

●奇妙:化粧品のキャッチコピーが好きなんですよ。「夏、ひとりじめ!」とか、歌っぽいなぁと思って。キラキラしてる単語がいっぱい書いてあるし。

●柳原:今、思った。なんかあれだわ。芸人さんだわ、奇妙さんは。

●奇妙:でも芸人さん的なミュージシャン、めっちゃ好きです。

●柳原:あぁ~。ロックンローラー、バンドマン、それで芸人さんだ。いやはや参りました(笑)。

       

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
1995年にソロ活動をスタート。
ジャンルを問わないセッションや「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など、活動は多岐にわたる。
2015年にはデビュー25周年を記念して初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』を発表。
2016年7月には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど
へいと』をリリース。

■オフィシャルサイト
 http://yananet.com
■Twitter
 https://twitter.com/SweetsDeli
■Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

柴田聡子

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。
演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を
発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2016年6月 初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 現代詩部門を受賞。
雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年 青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも
参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチック
のしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと
紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

■オフィシャルサイト
 http://shibatasatoko.com/
■Twitter
 https://twitter.com/sbttttt

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

1976年9月12日生まれ、大阪府出身の日本のミュージシャン。
浜田省吾をはじめ、長渕剛、CHAGE and ASKAを聴いて育ち、リトル・リチャードやサム・クックらからも影響を受ける。学生時代は軽音楽部に所属し、22歳頃よりプロとしてのキャリアをスタートさせる。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメーションズ、天才バンドのヴォーカル&ギターとしても活動。弾き語りのソロ・ライヴでは、泥臭くストレートなロックンロールからラヴ&ユーモアなフォークまでを切ない声と剥き出しのソウルで歌い上げる。

■オフィシャルサイト
 http://kimyoreitaro.com/
■Twitter
 https://twitter.com/reitaro_jp

関連コンテンツ