1. HOME
  2. EVENT
  3. Music For Life presents 「きりん座へ贈る手紙」スペシャルインタビュー

Music For Life presents 「きりん座へ贈る手紙」スペシャルインタビュー



小谷美紗子


高井息吹

 ■開催日時
 2018年 9月14日 (金)
 17:30 OPEN / 18:00 START

 ■開催場所
 自由学園 明日館 講堂

 東京都豊島区西池袋2-31-3
 ●自由学園 明日館 Webサイト

 ■チケット料金
 ADV ¥3,800- / DOOR ¥4,300-
 ※税込 ※ドリンク代別途必要

 ■販売プレイガイド 7月2日(月)〜
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  tel. 0570-02-9999 【Pコード:123-332】

  http://l-tike.com 【Lコード:74185】

  http://eplus.jp/

 ■お問い合わせ
 Music For Life tel. 03-5738-8035
 (11:00-18:00 ※土日祝を除く)

Music For Life presents
「きりん座へ贈る手紙」スペシャルインタビュー

Music For Lifeが企画・制作する国の重要文化財 自由学園明日館でのピアノ弾き語りライブ。出演者は小谷美紗子、そして高井息吹。二人は明日館へ訪れて、初めて対面をする。ピアノを通じてどんなことを話すのか。お楽しみください。

■インタビュー・文:前原雅子
■撮影協力:自由学園 明日館

明日館

「高校の先生に教えられて小谷さんを知りました。俺の奥さん、小谷さんを聴いて、会社を辞めたんだよって」(高井)

──高井さんが、小谷さんを知ったのは高校の先生がきっかけだそうですが。

●高井息吹(以下、高井):軽音楽部の顧問で、担任でもあった先生が、ギタリストを目指してたくらいめちゃめちゃ音楽好きな方で。その先生に、自分の初めてのCDを差しあげたとき、「小谷美紗子さんって知ってる?」って言われて。すみません、失礼ながら、私はそれまで存じておりませんで。

●小谷美紗子(以下、小谷):いえいえ、全然全然。

●高井:そのとき「お前はまだ自分のために歌を歌ってる。小谷美紗子さんを聴いてみろ」って言われたんです。先生の奥さんも小谷さんのことがとても好きで、「俺の奥さんは、小谷さんを聴いて会社を辞めたんだ」って。

●小谷:……えっ!やべえ、やべえ。やべえ、やべえ(笑)。

●高井:「お前も、それくらい歌に力のある人になれよ。いつか一緒にやってるところを見てみたいぞ」って言われた、その言葉がすごく印象に残ってて。だから今回のライブが決まったときも、すぐ先生に「小谷美紗子さんとツーマンやるよー!」って言ったらめちゃくちゃ喜んでくれて。ライブにも来てくれます。

●小谷:ぜひぜひ、奥様も一緒に。責任をとらないと(笑)。

●高井:私も不思議なご縁だなぁって、本当に思っていまして。

●小谷:とんでもないですよ、そんな。

●高井:でも本当に今回は嬉しくて。CDもですけど、とにかくライブが素晴らしくて。歌声に世界がある方だなぁって思いました。CDを聴いたときにも伝わって来た深くて澄んだ感覚が、そのまま伝わって来て。おおぉ~~!って思ったんです。……あ、小谷美紗子さんだって圧倒されてしまって。だから小谷さんと一緒にやれる日が来るにしても、とても遠いことだと思ってたんです。まさかこんなすぐ叶うと思ってなかったので、今もかなりドキドキしてるんですけど。本当に自分の中では重要な出来事になると思ってます。

●小谷:いやいや、どうしよう、そんな褒められちゃって(笑)。

──お2人ともピアノを弾かれますが、何歳から始めたのですか。

●高井:ピアノは5歳から始めたんです。

●小谷:私は3歳になるちょっと前くらい。だからバイエルとかの教則本じゃなくて、先生が画用紙に手書きで音符を書いてくれて、音符の上に「ド」「レ」と書いてあって。もちろんまだ字も読めないから、音符と一緒に平仮名や片仮名も教えてもらって。なので最初の覚えた字は「ドレミファソラシド」。他の字は知らない(笑)。

●高井:私は母親がピアノとかオルガンをやってたので、習い始めたのは5歳なんですけど、その前から、なんか気づいたらピアノに触ってたんですよね。

●小谷:そうそう、私も家にピアノがあって。姉兄が先にやってたんで、それにつられてなんとなく自然に始めた感じですね。高井さんは、最初はお母さんに教えてもらった?

●高井:そうですね。最初は母親に教えてもらって、幼稚園の年長くらいからピアノ教室に行くようになりました。でもクラシックの曲を楽譜どおりに指を丸くして弾く、みたいなのがすごい嫌で。好きな曲を弾きたいように弾くのは好きだったんで、そうやって弾きまくってると怒られるんですよ、「そんな弾き方してたら、きれいに弾けなくなっちゃうよ」って。だけど負けずに♪トットロ、トト~ロとか、好きな曲を弾いてました。

●小谷:私は逆にクラシックが好きだったので、それを弾けるようになりたいと思ってたから、私にとってのお気に入り曲はバイエルとかツェルニーのなかにあったっていう。ピアノの教則本ではあるんですけど、すごい綺麗な曲がたくさんあるんですよね。でも私も練習が嫌いだったから好きな曲しかやらなかった(笑)。

●高井:ホントに練習が(笑)。中学生のときとか、親から「絶対1曲3回は弾きなさい、1時間はやりなさい」みたいなことを毎日厳しく言われて。それは頑張ってやって、習慣にはなってましたけど。

●小谷:先生は厳しかった?

●高井:教室の先生は優しかったですけど、お母さんは厳しくて(笑)。本当によく怒られましたね。怒られるのはピアノの練習くらいだった思います。

●小谷:私の先生も激怖でした。というか飴と鞭。レッスン以外のときは本当に優しくて、「発表会でこういうドレスを着たらどう?」「美味しいものを食べに行こう」と言ってくれたり、パーティーとかもよく開いてるようなすごい華やかな先生だったんです。そういう夢のような世界を見せつつ、レッスンのときは背中をバンバン叩かれるっていう。だから生徒は先生のことを怖がってはいるけど、先生のライフスタイルにはちょっと憧れてるみたいな。レッスンのときの服装も、自分の家の周りにこういうおばちゃんは1人もいないくらいオシャレなんですよ。

●高井:素敵な先生ですね。

●小谷:ちょっと中村紘子さんに容姿が似てるんですよ。

●高井:それは素敵。

●小谷:ゴージャスというか華がありました、服装もなにもかも。

 ■開催日時
 2018年 9月14日 (金)
 17:30 OPEN / 18:00 START

 ■開催場所
 自由学園 明日館 講堂

 東京都豊島区西池袋2-31-3
 ●自由学園 明日館 Webサイト

 ■チケット料金
 ADV ¥3,800- / DOOR ¥4,300-
 ※税込 ※ドリンク代別途必要

 ■販売プレイガイド 7月2日(月)〜
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

    

小谷美紗子

小谷美紗子

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。 これまでに9枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。 魂を揺さぶる唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、 多くのミュージシャンからも支持を得ている。


■小谷美紗子 Webサイト
 http://www.odanimisako.com/news/

■小谷美紗子_本人 Twitter
 https://twitter.com/odanimisako

■小谷美紗子_スタッフ Twitter
 https://twitter.com/odani_staff

高井息吹

高井息吹

1993年生まれ。2016年 国立音楽大学卒業。5歳からクラシックピアノを始める。幼い頃から自分で聴いた音楽をピアノでアレンジし弾いていた。その後、吹奏楽やバンド様々なスタイルの音楽に触れる。日本のポップスやロックを中心に、クラシックやジャズ、オルタナティヴミュージック等に音楽的な刺激を受け、本格的に作詞・作曲・弾き語りを始めたのは19歳の頃。現在はバンド形態も含め、都内を中心にライブ活動を行っている。


■高井息吹 Webサイト
 http://www.takaiibuki.com

■高井息吹 Twitter
 https://twitter.com/pf_eve

関連コンテンツ