1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』
 Special Talk 蒼山幸子(ねごと)×松本明人(真空ホロウ)×柳原陽一郎 



柳原陽一郎


松本明人(真空ホロウ)


蒼山幸子(ねごと)

 ■開催日時
 2018年11月22日 (木)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 ●ADV ¥3,800-/DOOR ¥4,300-
 ※税込 ※ドリンク代別途必要

 ■販売プレイガイド 9月21日(金)〜
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  http://t.pia.jp【Pコード:130-323】
      tel. 0570-02-9999

  http://l-tike.com【Lコード:73088】

  http://eplus.jp/


 ■チケットに関するお問い合わせ
 Music For life 03-5738-8035
(11:00-18:00 ※土日祝日を除く)

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream
~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

バンドメンバーの音楽の好みがバラバラだからこそ“がっちゃんこしたときに面白いものができたらいい”と言う蒼山幸子(ねごと)。音楽的にとんでもなく雑食、いい意味で“とりとめがなく、ひとりぼっち”であるとも言える松本明人(真空ホロウ)。かつて個性もバラバラなメンバーで構成された“たま”に在籍した、音楽的雑食種の柳原陽一郎。そんな、スタイルやジャンルにとらわれずに我が道を行く3人が同じステージに立つのだから、何が起きても不思議はない。セッションも重要ポイントである“ピテカントロプスになる日”、その行方はいかに!というわけで、すでに大いに盛りあがったトークセッション。枠を大きくはずれた“番外編”まで、とくとお楽しみください。

『ピテカントロプスになる日』とは──。
柳原陽一郎(ex.たま)のデビュー25周年の2015年にスタートした、出演者それぞれの演奏だけでなく、お互いの音楽をシェアすることもテーマとしたライブイベント。毎回、セッション曲の素晴らしさにも定評がある。

鼎談写真

「高校では絶対に軽音部に入ろうと思って。でも入ってみたら軽音部は、部活カーストの最下層でした(笑)」(蒼山)

●蒼山:私が柳原さんの曲を初めて聴いたのは、たしか小学生の頃で。名曲をテレビで紹介する番組で『さよなら人類』を聴いたのが最初なんです。子どもながらすごい衝撃を受けて「この曲好き! 気になる~」って思った覚えがあります。

●松本:僕は3歳の頃、リアルタイムで紅白歌合戦も見ました。うちは両親とも音楽が好きで、いろんな音楽が流れてる家庭だったんですけど、やっぱり『さよなら人類』は衝撃的でした。

●柳原:ご両親は、どんな音楽を聴いていたんですか。

●松本:家にレコードがいっぱいあって、フォーククルセダーズとかテンプーズとか黛ジュンさんとか佐良直美さんとか。なので僕もそういうのを聴いて育ちました。

●柳原:ど真ん中ですね、歌謡曲の。いいなぁ。ご両親は音楽をやっていたりもした?

●松本:お母さんがブラスバンドでトロンボーンをやってて、お父さんはクラシックギターをやってました。あとお父さんはGSも歌ったりしてましたね。

●柳原:GSを歌う?グループサウンズの曲を?

●松本:歌が聞こえてくるんですよ。

●柳原:ギターを弾いて?

●松本:いや、生です、歌だけ。

●柳原:アカペラでショーケン(テンプターズの萩原健一)みたいな。

●松本:そうです、そんな感じです。

●柳原:蒼山さんのご両親も音楽は好きでした?

●蒼山:好きですね。両親ともに好きなのは井上陽水さんで、「ドライブに行くよー」ってなると、車の中では井上陽水さんのアルバムが流れてる感じでした。すごく詳しいわけではないですけど、両親とも人並みにビートルズを聴いたり。でも母は打楽器をやってました、マーチング系のスネアとか。

●柳原:ってことは蒼山さんのお母さんもブラスバンド系。

●蒼山:そうですね。

●柳原:ブラバンつながりとも言えますね。

●蒼山:そういうことになりますね(笑)。

●柳原:そういう環境だと、お2人とも、小さい頃から何か楽器とかやったりしてたんじゃないですか。

●蒼山:家にピアノがあって。なんか子どもにはピアノを習わせたかったみたいで。

●松本:僕の家にも、僕が生まれたときからピアノがありました。だから兄も僕もピアノはやっていて、3~4歳くらいからクラシックピアノを習い始めて。でも僕にとっての音楽の始まりは、ビー玉をクラシックギターのネックに落として転がして、サウンドホールに落っこちたら負けっていう遊びですね。

●柳原:ははははっ。それ、Eテレっぽい。でもお2人ともピアノをやってたわけですね、……困っちゃったな。

●蒼山:でもピアノは習ってるときはあんまり好きじゃなくて。性格がマメじゃないので、基礎練習みたいなことが好きになれなかったんですけど。中学になって自分の好きな曲をコードで弾くようになってからは、楽しいと思うようになりました。

●柳原:歌うときは基本、キーボードを弾きながらですよね?

●蒼山:そうです。ただ最近、ねごとの音楽は打ち込み要素も増えてきているので、ハンドマイクで歌うときもあるんですけど、基本的には鍵盤ボーカルです。ただ、コードを弾くっていうよりは、リズムっぽいフレーズを弾くことが多かったりします。

●柳原:鍵盤楽器の弾き語りっぽいのとリズムっぽい伴奏って、すごく断絶がありますよね。僕は結局、弾き語りっぽいピアノしかできないですもん。リズムっぽいピアノは、もう無理無理。

●蒼山:断絶……、たしかにそうかもしれない。

●柳原:決まったフレーズを弾くピアノだと、なんか物足りないなって思うこと、ありません? なんか自分が一つのパーツになっちゃってるみたいで寂しいとか、そういうことはないですか? すごくテクニカルな話ですけど。

●蒼山:ねごとは鍵盤の立ち位置が、最初からコードを弾くというよりフレーズを弾く感じだったので。また私もコードを弾きながら、いわゆる弾き語りっぽく歌うのがあまり得意じゃなかったんですね。実は私、最初にバンド組んだときはドラムだったんですよ。

●柳原:ほう! お母さん譲り。

●蒼山:そう、お母さんの血が(笑)。だからですかね、ちょっとリズム感のあるフレーズを弾いてるほうが歌いやすくて。

●柳原:リズムが♪ピロピロピロピロポ~ンみたいなほうがフィットする感じだったんだね。

●蒼山:はい。なので逆にとても憧れます、柳原さんのピアノに。すごくお上手ですよね。

●柳原:そんなことないです! 全然です! お2人ともピアノをやってたって聞いた時点で、もうドン引きですからね。ヤバいヤバいヤバいって。そもそも僕はピアノを習ったことないし。

●蒼山・松本:え──────っ!!

●柳原:1回もないです。たまというバンドを始めたときに鍵盤の人間がいなかったので。「じゃ、私、します」と言ったのが始まり。

●蒼山:えっ!? それはビックリです。

●松本:それでできちゃうんだ。

●柳原:最初は右手だけでカシオトーンを弾いて。『さよなら人類』って曲を作ったときも、「これ、ピアノじゃないとまずいんじゃないの?」って感じで。もうお恥ずかしい話で、それで生き延びてるっていう。

●蒼山:基礎をやった方の鍵盤に見えてました。

●柳原:もうヤメて(苦笑)。話、変えていいですか? お2人とも最初からバンドで活動していたんですか。

●蒼山:中学くらいから音楽をやりたいと思うようになって。でもソロでやるのはイメージできなくて、曲を作って音を鳴らすバンドがいいなって思ったんです。ただ中学には軽音部がなかったんで、高校は絶対に軽音部があるところに行こうと思って。

●柳原:バンドがやれるかどうかが、高校を決めるポイント。

●蒼山:それだけで選びました。でも入ってみたら軽音部は部活カーストの最下層だったんです(笑)。

●松本・柳原:あははははは。

●蒼山:運動部がすごい高校だったので、軽音部はプレハブが部室ような感じで。だから野放しというか、何をやってもよかったというか。

●柳原:そこでさっそくバンドを組むことに?

●蒼山:はい。軽音部に入ってバンドを組んで。一つのバンドではドラムをやってたんですけど、ボーカルをやりたい気持ちもあったので、もう一つバンドをかけ持ちすることにしたんです。で、そっちのバンドでドラムをやってたのが、“ねごと”のドラムだったりするんです。

●柳原:すごいね、ビートルズ誕生みたいだね。それで指導は誰がするの?

●蒼山:そういう人はいないので……。先輩ですかね。でも技術的な指導はしてくれないんで。

●柳原:技術ではない……。「気合入れろ!」とか、言うの?

●松本:あっはははは。それ、いいですね。

●蒼山:いや、CDを貸してくれたり、スコアみたいなのを使わせてくれたり。使いたいものがあったらコピーしていいよみたいな。その頃はアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)とかやるバンドが多かったですね。私は銀杏BOYZとかをやってました。

●柳原:それで文化祭がハレの場?

●蒼山:そうです。教室の電灯に色のついたセロファンを張って、付けたり消したりパチパチやって。

●柳原:ステージに出てない人が照明係。

●松本:すごい!

●柳原:いい話だなぁ。そこでお客さんが入って、「アンコール!」なんて言われると感動しちゃって。

●蒼山:しちゃいますね、しちゃいましたね(笑)。

     
     

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。おおらかでペーソス漂うユニークな歌詞とボーカル、ジャンルを問わない豊かな音楽性にも評価が高い。弾き語りを中心としたライブ活動、ジャズミュージシャンとの共演、「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など活動は多岐にわたる。2015年に初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』をリリース。2016年には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。2018年12月、ニューアルバム『小唄三昧』をリリース。



■柳原陽一郎 Webサイト
 http://yananet.com

■SWEETS DELI RECORDS Twitter
 https://twitter.com/sweetsdeli

■柳原陽一郎 Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

松本明人(真空ホロウ)

松本明人(真空ホロウ)

2006年、松本明人(Vocal / Guitar)を中心にスリーピースバンドとして始動。 2009年、『RO69』が運営する新人コンテスト『RO69JACK 2009』を優勝し、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』に出演。2010年、RO69主催レーベル「JACKMAN RECORDS」より1stミニアルバム「contradiction of the green forest」をリリース。
以降、ROCK IN JAPAN FESTIVAL・COUNTDOWN JAPANに7年連続出演。2012年、エピックレコードよりミニアルバム「小さな世界」でメジャーデビュー。2014年、テレビ東京アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」1月クールエンディングテーマとして1st Single 「虹」をリリース。
2015年、メンバーの脱退により松本明人のソロプロジェクトとして活動。 2017年3月、高原未奈(Bass / Chorus)がメンバー加入。2017年11月、MIZUKI(Drums / Chorus) がメンバー加入。スリーピースバンドとして活動を再開。リアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる。


■真空ホロウ Webサイト
 http://shinku-horou.com

■真空ホロウ Twitter
 https://twitter.com/shinku_horou

■松本明人 Twitter
 https://twitter.com/AKITO_M_SH

蒼山幸子(ねごと)

蒼山幸子(ねごと)

インディーロック、オルタナティヴロック、フォークロック、シンセポップ、ドリームポップ、エレクトロニカ、ダンスミュージック、様々なジャンルの音楽にインスパイアされ、自由な音楽を奏でる実力派エレクトロニック ロック バンド、ねごと。 「儚さ」と「力強さ」を兼ね備えた透明感溢れる歌声と詩的歌世界でねごとワールドを表現する蒼山幸子(Vo.&Key)、自らRemixも手掛け、バンドのサウンドクリエイトを全面的に手掛ける沙田瑞紀(Gt.)、最も小柄ながら踊るようなベースラインでバンドを支える藤咲佑(Ba.)、幾多のアーティストからも客演で呼ばれるほど、卓越した技術とセンスを持つ実力派ドラマー 澤村小夜子(Dr.)からなる4人組。


■ねごと Webサイト
 http://www.negoto.com

■ねごと Twitter
 https://twitter.com/negoto69

■蒼山幸子(ねごと) ブログ
 https://ameblo.jp/negoto-sachiko/

関連コンテンツ