1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』
 Special Talk 蒼山幸子(ねごと)×松本明人(真空ホロウ)×柳原陽一郎 



柳原陽一郎


松本明人(真空ホロウ)


蒼山幸子(ねごと)

 ■開催日時
 2018年11月22日 (木)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 ●ADV ¥3,800-/DOOR ¥4,300-
 ※税込 ※ドリンク代別途必要

 ■販売プレイガイド 9月21日(金)〜
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  http://t.pia.jp【Pコード:130-323】
      tel. 0570-02-9999

  http://l-tike.com【Lコード:73088】

  http://eplus.jp/


 ■チケットに関するお問い合わせ
 Music For life 03-5738-8035
(11:00-18:00 ※土日祝日を除く)

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream
~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

鼎談写真02

「高校3年の文化祭で、リクエストされた曲を弾き語りで歌うっていう、僕だけの教室を先生が作ってくれました(笑)」(松本)

●柳原:松本さんはどうですか、文化祭事情は。

●松本:実は僕、ずっと1人で弾き語りをやってて。

●柳原:あれれれ、バンドじゃないんだ。

●松本:そうなんです。中学生の頃から路上で歌ったり。幼稚園の卒園文集に「歌手か声優になる」って書いて、それを叶えるための日々みたいな。

●柳原:特訓をしたっていうこと?

●松本:田舎だったんで大声で歌ってただけですけど(笑)。あとはテープに自分の声を録音して聴いてみたりしてましたね。でもたまたま住んでた町に大きい湖があったんで、9歳からヨットも始めたんです。

●柳原:えっ? 何? ……ヨット?!

●松本:帆を張って舵をとって。1人乗りのヨットで。

●柳原:わぉ!

●松本:それでたまたま世界大会とかに出たりしたんで、ヨット推薦で行ける高校に進学するか、自分のやりたい音楽をやるかで考えて、音楽を選んだっていう。

●柳原:推薦は? 蹴っちゃったの?

●松本:はい、音楽をやろうと思って。そこからずーっと弾き語りをするようになって。で、高校1年のとき、文化祭に出るためだけのバンドにボーカルで誘われたんですけど、全然気が合わなくて。そのときはオリジナルをやりたいみたいな意思があったんですけど、メンバーはどうしてもコピーがやりたい、175ライダーをやりたいって感じだったので。

●柳原:歌ったの? 175ライダーの歌を。

●松本:歌いました。でも文化祭は隔年の開催だったんで2年生のときは文化祭がなくて、3年の文化祭のときは誰もバンドをやらなくなってたんで。

●柳原:それいいな、「誰もバンドをやらなくなった」。ミステリーにありそうだよね(笑)。

●松本:ありそう。ありそう(笑)。そしたら先生が文化祭で、僕だけの教室を作ってくれたんです。誰かが来たらリクエストされた曲を歌本とか見ながら弾き語りで歌うっていう。

●柳原:松本さんの小部屋みたいな。

●松本:そうです、1日そこにいて誰か来るのを待って歌う。

●蒼山:鍛えられそうですねぇ。

●松本:そうそう。よく知らない曲も、どうにかやらなきゃいけないから(笑)。

●柳原:CDを聴いた松本さんの印象からすると、すごく耽美的なロックというか、盛り上がり系ロックなのかなと思ったんですけど。もともとは弾き語りなんだ。

●松本:僕はずーっとそうです。でも、これはどうしても歪んだ音でやりたい、ノイズを出したいっていうところをバンドでやって昇華してる感じなんだと思います。だから真空ホロウを始めたときも、バンドで違う音を鳴らしたいっていうことから始まったのでバンドプロジェクトの形にしたんです。

●柳原:自分1人しかいないけど、頭の中にはノイジーな音もあったりするから。

●松本:そうですね。で、そこからメンバーが変わって変わって、今は3人に落ち着いてるんですけど。

●柳原:もともとひとりぼっちなんだね、いい意味で。でもそれちょっとわかる。僕もどちらかというと、そっちのタイプだから。僕も文化祭で1人で歌ったりしましたね。

●松本:その当時は、どういう曲を?

●柳原:いやいやいやいや、それは聞かないで。

●蒼山・松本:え──。

●柳原:だよね(笑)、話してもらったんだから話さないとだよね。似てます。歌本を10冊くらい置いておいて、リクエストにお答えして吉田拓郎さんやらアリスやら松山千春さんやらを歌って……という感じでしたね。

●松本:ちょっと嬉しいです。近しい感じがして。

●柳原:僕も頭の中に鳴らしたい音があったんですよ。ジョン・レノンが好きだったんですけど、どうも普通に音楽やってるドラムの人とかベースの人とかに、その気持ちが伝わらなくて。それでちょっと悩みましたね。

●蒼山:伝わらない?

●柳原:その当時はハードロック系の手数の多いドラマーが多かったし、そういうのがカッコよかったんですよね。そしてギターはレッドツェッペリンじゃないけど、ディストーションをかけてガガーンと弾くのが主流で。でもそういう人たちとバンドを組んでもなぁ……、歌をおざなりにされてるような気がするなぁ……って。とにかくロックは音圧っていうのが、まだ世の中を覆ってて。

●松本:そうだったんですか。

●柳原:そういうロックか、さだまさしさんか。真ん中がない世の中で。そういうなかで真ん中がすごく好きだった僕は、もうヤケになってしまって、この有様(笑)。

●蒼山:選択肢があまりなかった。

●柳原:そうそう。音楽の選択肢が広がったのはCDが登場して以降だから。タワーレコードができて、六本木にWAVEができて、ボサもジャズもロックも世界中の音楽が平等に入ってきて。ロックひとつとっても、いろんな種類ができて。そこからですよ、楽になったのは。でも楽になったときは、たまというバンドを始めていたので、逆にやれる音楽の選択肢がなくなってた(笑)。

●蒼山・松本:あははははは。

●柳原:ランニング姿でボサやってもね(笑)。すみません、なんか思い出話をしてしまいました。僕、本当に雑食だったんですよ。よくわからないラッパのおじさんが30分くらい吹きっぱなしのフリージャズを聴いたかと思えば、ユーミンを聴いたりするタイプだったので。若い頃は自分が全くまとまらなかったですね。そのとっちらかった状態をなんとか歌詞にして、1人で始めたっていう感じですね、本当にとっちらかってました。

●蒼山:でもカテゴライズできない感じがありますよね、柳原さんの音楽って。柳原さんっていうジャンルみたいなイメージが。

●松本:うん、そうそう。

●柳原:………う~ん、そうですか。いやいや、あの嬉しいような……。あのね、褒められ下手なんですよ。それね、うちの家系なんです。

●蒼山:家系なんですか(笑)。

●柳原:今もそうなんですけど、褒められると「そんなことないよ」って言っちゃうタイプなんですよ。

●松本:あ~~~わかる、わかる。

●柳原:そういう親父を見てて、すごく嫌なので。できるだけ嬉しい顔をしようと思うんですけど。

●蒼山・松本:あはははは。

●柳原:なっかなかできないっていう。「ありがとー!!」って言えればいいのに。ごめんなさいね、ありがとうございます。

●蒼山:こちらこそ、なんかすみません。

●柳原:損しますからね、皆さん、褒められ上手になってくださいよ(笑)。

     
     

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。おおらかでペーソス漂うユニークな歌詞とボーカル、ジャンルを問わない豊かな音楽性にも評価が高い。弾き語りを中心としたライブ活動、ジャズミュージシャンとの共演、「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など活動は多岐にわたる。2015年に初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』をリリース。2016年には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。2018年12月、ニューアルバム『小唄三昧』をリリース。



■柳原陽一郎 Webサイト
 http://yananet.com

■SWEETS DELI RECORDS Twitter
 https://twitter.com/sweetsdeli

■柳原陽一郎 Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

松本明人(真空ホロウ)

松本明人(真空ホロウ)

2006年、松本明人(Vocal / Guitar)を中心にスリーピースバンドとして始動。 2009年、『RO69』が運営する新人コンテスト『RO69JACK 2009』を優勝し、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』に出演。2010年、RO69主催レーベル「JACKMAN RECORDS」より1stミニアルバム「contradiction of the green forest」をリリース。
以降、ROCK IN JAPAN FESTIVAL・COUNTDOWN JAPANに7年連続出演。2012年、エピックレコードよりミニアルバム「小さな世界」でメジャーデビュー。2014年、テレビ東京アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」1月クールエンディングテーマとして1st Single 「虹」をリリース。
2015年、メンバーの脱退により松本明人のソロプロジェクトとして活動。 2017年3月、高原未奈(Bass / Chorus)がメンバー加入。2017年11月、MIZUKI(Drums / Chorus) がメンバー加入。スリーピースバンドとして活動を再開。リアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる。


■真空ホロウ Webサイト
 http://shinku-horou.com

■真空ホロウ Twitter
 https://twitter.com/shinku_horou

■松本明人 Twitter
 https://twitter.com/AKITO_M_SH

蒼山幸子(ねごと)

蒼山幸子(ねごと)

インディーロック、オルタナティヴロック、フォークロック、シンセポップ、ドリームポップ、エレクトロニカ、ダンスミュージック、様々なジャンルの音楽にインスパイアされ、自由な音楽を奏でる実力派エレクトロニック ロック バンド、ねごと。 「儚さ」と「力強さ」を兼ね備えた透明感溢れる歌声と詩的歌世界でねごとワールドを表現する蒼山幸子(Vo.&Key)、自らRemixも手掛け、バンドのサウンドクリエイトを全面的に手掛ける沙田瑞紀(Gt.)、最も小柄ながら踊るようなベースラインでバンドを支える藤咲佑(Ba.)、幾多のアーティストからも客演で呼ばれるほど、卓越した技術とセンスを持つ実力派ドラマー 澤村小夜子(Dr.)からなる4人組。


■ねごと Webサイト
 http://www.negoto.com

■ねごと Twitter
 https://twitter.com/negoto69

■蒼山幸子(ねごと) ブログ
 https://ameblo.jp/negoto-sachiko/

関連コンテンツ