1. HOME
  2. EVENT
  3. 『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream ~僕らの時代の落としもの~』
 Special Talk 蒼山幸子(ねごと)×松本明人(真空ホロウ)×柳原陽一郎 



柳原陽一郎


松本明人(真空ホロウ)


蒼山幸子(ねごと)

 ■開催日時
 2018年11月22日 (木)
 18:30 OPEN / 19:00 START

 ■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト

 ■チケット料金
 ●ADV ¥3,800-/DOOR ¥4,300-
 ※税込 ※ドリンク代別途必要

 ■販売プレイガイド 9月21日(金)〜
 Music for Life チケット購入受付はコチラ
 

  http://t.pia.jp【Pコード:130-323】
      tel. 0570-02-9999

  http://l-tike.com【Lコード:73088】

  http://eplus.jp/


 ■チケットに関するお問い合わせ
 Music For life 03-5738-8035
(11:00-18:00 ※土日祝日を除く)

『ピテカントロプスになる日 Vol.5 Ramblin' On Your Dream
~僕らの時代の落としもの~』Special Talk

番外編 酒と食と頼れる女

●柳原:松本さん、実家が酒屋さんなんでしょ? お父さんはお酒を飲む人なの?

●松本:下戸です。

●柳原:そうだって言うよね。酒屋の主人は下戸が多いって。その話、2~3回聞いたことがある。

●松本:祖父母は飲むんですけど、お母さんも兄も飲まないです。お父さんは「お酒は売るものだ」って言ってます。

●蒼山:あ~、売るもので飲むものじゃない。

●柳原:立派! できないよね、お酒飲んだら酒屋なんて。松本さんは? 飲む?

●松本:僕は好きなんです。だから、おじいちゃんのほう。

●柳原:じゃあ、家に帰ったらもう大変。

●松本:飲まない日のほうがない。試飲してくれって言われたり。

●柳原:蒼山さんは熱燗が好きだという情報がありますが。

●蒼山:恥ずかしい(笑)。日本酒がすごく好きなんです。だから松本さんが単純に羨ましいっていう。

●柳原:ナントカサワーとかカクテル系じゃないんですね。

●蒼山:そうですね、日本酒が一番好きですね。

●柳原:頼もしいですねぇ、これからの日本酒界。

●松本:日本酒なら新潟の青山酒造っていうところの「鶴齢」と「雪男」がとても美味しいですよね。

●蒼山:あ、知ってます!

●柳原:「鶴齢」って美味しいんだ。今度飲んでみよう。

●蒼山:お酒は飲まれますか?

●柳原:はい、あの、飲みましたっていう感じですね。もうね、そろそろいいでしょっていうね。何をやってるんだ、この短い人生の中でっていう後悔もちょっとありつつ。

●蒼山・松本:あははははは。

●柳原:でも旅に出て、お酒が好きな人は、なぎら健壱さんじゃないけどダラッとこう暖簾を開けてね、「いやっ、どーも」とか言いながら1人で飲みに行くじゃないですか。あれはできないです。スナックとか、1回も行ったことないです。ちょっとビビりなとこがあって。

●蒼山:へぇ~~、そうなんですか。

●松本:僕も1人で外食できないです。

●柳原:松屋とか、そういうとこでも?

●松本:行けないです。

●蒼山:えっ……。え~~~、そうなんですか。

●松本:僕、誰かと感動を分かち合わない食事って、単に食べているという行為にしか過ぎないと思ってしまうんですよ……。

●蒼山・柳原:あ~………。

●松本:「美味しいよね」って言う相手がいないと。ただの行為としか思えないんで、なんでもよくなっちゃう。

●柳原:1人で食べて「美味しいな~」っていうのはないの?

●松本:それだと虚しくならないですか?

●柳原:だって1人で音楽聴いて「あぁいいな~、このベース、このドラム」とか、あるじゃないですか。それと同じように「このうどん、コシあるわ~」みたいなのはない?

●松本:それよりも違うことを考えてるかもしれないです。

●柳原:別のことを考えてる?「寂しいな」とか?

●松本:究極そうかもしれない。

●柳原:実存的なことを考えてるんだ。

●蒼山:はぁ~、なるほど。

●柳原:1人でご飯を食べると、そこに思考がクローズアップされちゃうんだ。

●松本:例えば1人で食べてる人を見たら「なんでこの人は1人で食べに来たんだろう」っていうふうに思っちゃうんです。で、自分もそうじゃないかってことになって、虚しくなる。

●柳原:そこで虚しくなるんじゃなくて、「みんな寂しいよな。そりゃ」とかって嬉しくなるとか。そういうこともないんだよね?

●蒼山:あはははは。

●松本:ないです。

●柳原:後ろ向きだなぁ。

●一同:あっはははは!(爆笑)

●柳原:蒼山さんは1人で食べられますか?

●蒼山:今ので言うと、「1人で来てるなぁ」と思われちゃうタイプだと思います。

●松本:1人で食べられる?

●蒼山:食べられますね。

●柳原:1人で飲みにいけます?

●蒼山:お店を選びますけど、行きます、1人でも。

●柳原:バーとかいける?

●蒼山:行けます。

●柳原:すごいなぁ。

●蒼山:ただ見た目で下手したら未成年に思われるときがあって。なので行きつけのお店とかで様子を伺いながら飲んでます(笑)。いきなり日本酒とかを頼むと、隣に座ってるご夫婦にギョッとされたりするので、「大丈夫かなぁ?」って思いながら頼んでしまう、ちょっとビビりなところはあるんですけど。でも1人はわりとなんでも大丈夫です、1人旅も全然平気ですし。

●柳原:頼もしいね。でも今の話を総合すると、蒼山さんが一番タフですね。僕ら2人は蒼山さんについていけばいいや(笑)。

●松本:ホントだ。ついていきましょう(笑)。

●柳原:ところで最後になんですけど、僕はちょうど今、レコーディングが終わって空っぽになっちゃってるんだけど。目の前の目標が何もないというか。でね、お2人に目標があったら聞かせてもらって参考にさせていただきたいんですけど。

●松本:僕の第1目標は“紅白”なんですけど。その前に『みんなのうた』をやりたいんです。それが今の明確な目標ですね。だから最近は毎日、『みんなのうた』のことを考えてます。

●柳原:『みんなのうた』かぁ。

●松本:もともとあの番組が好きで。童謡も好きだし、そういう歌を鼻歌でも歌ってて。一番よく歌うのは『にんげんっていいな』。♪くまの子みていた かくれんぼ~ お尻を出した子 一等賞~ 夕焼けこやけで また明日~ ま~た明日~。(←歌う)

●松本・柳原:♪いいな いいな にんげんって いいな~。(←一緒に歌う)

●柳原:世代だな。僕は『北風小僧の寒太郎』だもんな(笑)。

●松本:いや、それもいい曲ですよ。

●柳原:歌ってるのマチャアキ(堺正章)だしね。

●松本:マチャアキなんだ、あれ。初めて知った。

●柳原:で、蒼山さんはどうです? 目標とか。

●蒼山:私は今やってるバンドで走れるとこまで走りたい、っていうのが目標かもしれないです。女子バンドなんで、みんなが音楽をできるところまで、それがいつかはわからないんですけど、そこまでやりたいなって。あとは……自分たちらしいっていうか、“ねごと”しかできないことをやり続けたいなぁっていうのが間近の目標ですね。もちろんもっといろんな人に聴いてほしいっていう野望もありつつ、本当にやりたいことを積み重ねていって、それが野望と重なる瞬間があったらいいなって思ってるんで。

●柳原:そうだよねぇ……。ほんとにそうだ。

●蒼山:そのうち現実問題として、メンバーの誰かが音楽をやれないことになるかもしれないですし。例えば子どもができたり。

●柳原:あ~~、そうだ。そうだよね、そういうこともあるよね。

●蒼山:4人がリレーみたいに子どもを持ったら、ちょっと大変だし。じゃ一緒に産みますかっていうのもね(笑)。

●柳原:それも怖い(笑)。

●蒼山:だからいろいろ考えてしまうこともあって。でもだからこそ、いつかはわからないその時まで、自分たちらしく走りたいなって。

●松本:素晴らしい!

●柳原:ホントだよ。やっぱり一番タフだと思います、蒼山さんが。松本さん、ついていきましょ(笑)。

●松本:僕もそう思いました(笑)。

     
     

柳原陽一郎

柳原陽一郎

1990年にバンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。1995年にソロ活動をスタート。おおらかでペーソス漂うユニークな歌詞とボーカル、ジャンルを問わない豊かな音楽性にも評価が高い。弾き語りを中心としたライブ活動、ジャズミュージシャンとの共演、「三文オペラ」をはじめとする海外の楽曲の訳詞など活動は多岐にわたる。2015年に初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』をリリース。2016年には新たな試みとしてスタートさせた『LIVE RECORDING SERIES』の第1弾『らぶ あんど へいと』をリリース。2018年12月、ニューアルバム『小唄三昧』をリリース。



■柳原陽一郎 Webサイト
 http://yananet.com

■SWEETS DELI RECORDS Twitter
 https://twitter.com/sweetsdeli

■柳原陽一郎 Facebook
 https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

松本明人(真空ホロウ)

松本明人(真空ホロウ)

2006年、松本明人(Vocal / Guitar)を中心にスリーピースバンドとして始動。 2009年、『RO69』が運営する新人コンテスト『RO69JACK 2009』を優勝し、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』に出演。2010年、RO69主催レーベル「JACKMAN RECORDS」より1stミニアルバム「contradiction of the green forest」をリリース。
以降、ROCK IN JAPAN FESTIVAL・COUNTDOWN JAPANに7年連続出演。2012年、エピックレコードよりミニアルバム「小さな世界」でメジャーデビュー。2014年、テレビ東京アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」1月クールエンディングテーマとして1st Single 「虹」をリリース。
2015年、メンバーの脱退により松本明人のソロプロジェクトとして活動。 2017年3月、高原未奈(Bass / Chorus)がメンバー加入。2017年11月、MIZUKI(Drums / Chorus) がメンバー加入。スリーピースバンドとして活動を再開。リアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる。


■真空ホロウ Webサイト
 http://shinku-horou.com

■真空ホロウ Twitter
 https://twitter.com/shinku_horou

■松本明人 Twitter
 https://twitter.com/AKITO_M_SH

蒼山幸子(ねごと)

蒼山幸子(ねごと)

インディーロック、オルタナティヴロック、フォークロック、シンセポップ、ドリームポップ、エレクトロニカ、ダンスミュージック、様々なジャンルの音楽にインスパイアされ、自由な音楽を奏でる実力派エレクトロニック ロック バンド、ねごと。 「儚さ」と「力強さ」を兼ね備えた透明感溢れる歌声と詩的歌世界でねごとワールドを表現する蒼山幸子(Vo.&Key)、自らRemixも手掛け、バンドのサウンドクリエイトを全面的に手掛ける沙田瑞紀(Gt.)、最も小柄ながら踊るようなベースラインでバンドを支える藤咲佑(Ba.)、幾多のアーティストからも客演で呼ばれるほど、卓越した技術とセンスを持つ実力派ドラマー 澤村小夜子(Dr.)からなる4人組。


■ねごと Webサイト
 http://www.negoto.com

■ねごと Twitter
 https://twitter.com/negoto69

■蒼山幸子(ねごと) ブログ
 https://ameblo.jp/negoto-sachiko/

関連コンテンツ