1. HOME
  2. EVENT
  3. 小谷美紗子「PARADIGM SHIFT」スペシャルインタビュー

小谷美紗子「PARADIGM SHIFT」スペシャルインタビュー



 小谷美紗子初の詩集「PARADIGM SHIFT」

 ■予約期間
 2018年12月15日(土) 〜 2019年 1月 6日(日)

 ■新旧含む 全38編 収録:価格¥3,000- (tax-in)

 ■Music For Life予約受付
 予約受付はコチラから!
 


 小谷美紗子「PARADIGM SHIFT」ロングTシャツ

 ■予約期間
 2018年12月15日(土) 〜 2019年 1月 6日(日)

 ■価格¥3,800- (tax-in)

 ■Music For Life予約受付
 予約受付はコチラから!
 


 小谷美紗子「PARADIGM SHIFT」手ぬぐい

 ■予約期間
 2018年12月15日(土) 〜 2019年 1月 6日(日)

 ■価格¥1,000- (tax-in)

 ■Music For Life予約受付
 予約受付はコチラから!
 

音楽を作るなかで一番面白い、完成に至る過程を見てほしかったんです。

──そして詩集には基本1編の詩に写真1枚が添えられていますが、この写真はすべて小谷美紗子撮影。

●小谷:はい。文字だけじゃなく動物や自然の写真とかイラストを入れたいと思ったんです、誰かに頼んで。そしたらスタッフのほうから私が撮った写真のほうが詩に合うんじゃないかと言われて。詩を書いた私が何を見てるかを、お客さんは見たいと思うよって。「でもスマホで撮った写真だよ?」「それが逆にいい。生活のなかで撮ろうと思った写真なんだから」と。

──写真はよく撮るほうですか。

●小谷:主にTwitter用にですね。今回は詩集用に撮らなきゃと思って鎌倉に仕方なく行きましけど、デザイナーさんに写真を渡さなきゃいけない締切の前日に(笑)。でも結局、そこで撮った写真はちょっとで、ほとんどの写真はゆっくりゆっくり日々のなかで撮ったやつです。だからTwitterとかよく見てる人は「あれっ、載ってた写真だ」ってわかると思います。

──詩と関連してる写真もあれば、そうじゃないのもあって。

●小谷:そうなんです。デザイナーさんと一緒に選んだので。詩を書いてない人が、「この写真は、この詩だな」って思うものがあってもいいと思って。ちなみに『償い税』の写真は実家の前の田んぼです。年貢ということで、へへへへへ。

──3人の手の写真は?

●小谷:これはね、おばあちゃんのお見舞いに行ったとき、姪っ子と私とおばあちゃんの手を撮りました。なんとなく似てるでしょ。親指の付け根がぷっくりしてて。

──この詩集を読んで、歌詞に繋がっている文字の面白さに気づかされました。声や歌い方を知っているから「これを歌ったらどうなるかな」と思うし、知っている歌詞も文字だけで見ると「どんなふうに歌ってたかな。もう一回聴いてみよう」って思うし。失礼ながら文字だけで読んで「あれっ、優しいぞ、小谷美紗子」って思った詩も多かったです(笑)。

●小谷:そういう詩が多いかもしれない(笑)。やっぱり感情と一緒になって言葉がて襲ってくるような感じと、単体で言葉だけ伝わってくるのは、大きく違いますよね。あとね、飲食店とかで素材を見せてるお店があるじゃないですか。魚や野菜が綺麗に並んでて、それを見て食べる前に「あれ食べたいな」「これ食べたいな」「こんな料理になるのかな」って楽しんだりして。そういうのに、ちょっと近いのかなぁって。

──想像する楽しさ、ですね。

●小谷:曲を書くぞっていうときはすごい産みの苦しみというか、生活の中でいろんなこと感じてないとダメなんですけど。言葉やメロディーを試行錯誤しながら曲ができあがる瞬間は、本当に一番楽しいし面白いんですね。レコーディングもそうで。感情が入っていい演奏になった瞬間も、すごく面白いんです。そういう音楽のなかで一番面白いところをお客さんに見せられないなって、昔から思ってて。とはいえスタジオにお客さん全員は入れられないし、みんなを私の家に呼ぶわけにはいかないから。だけどなんかそういう過程をちょっとでも見せられたらなって、ずっと思ってたんです。でね、この詩集って、それに近いものかもしれないなって。

──完成する前の状態の面白さが伝わるものとして?

●小谷:そうそう。私は音楽家なので音楽になったときが、最終的な完成の状態だと思うんですけど。そうでありつつも完成に至る過程も見せたいと。詩だけを読んで「どう歌うかなぁ。絶対バラードでしょ?」と思ったり。マイナーなのかメジャーなのか考えてみたり。そういうことを想像しながら読んでもらったら面白いなと。

──裏切られるケースもあるでしょうけど。

●小谷:もちろん裏切られると思いますけど(笑)。そういうとこも楽しんでもらえたらなと思いますね。

──ということは、小谷美紗子的プレゼンテーションとしては妄想たっぷりで読んでもらいたい。

●小谷:そう、そうなんです。「な~んだ、曲がつかなかったのか!」みたいなことも含めて楽しんで欲しいなって思いますね。でもそれは自分にも言えることで、どの詩に曲がつくのか、まだ私にもわからないので。そういう意味では一緒に楽しめるものができたんじゃないかと思います。でもね、曲ができたらすぐ歌っちゃうので。2月からのツアーで歌うことになるかもしれない。それも、私にもまだわからないことですけど(笑)。

小谷美紗子 初の詩集「PARADIGM SHIFT」


言葉を大切に紡ぎ、届けてきた小谷美紗子の新作が詩集として登場。
ぜひ手にとって、生まれたての言葉をお楽しみください。
そして、待望のオリジナルアルバムに思いを馳せてください。

 ■予約期間
 2018年12月15日(土) 〜 2019年 1月 6日(日)

 ■仕様:B6判/上製本/オールカラー/72ページ

 ■新旧含む 全38編 収録:価格¥3,000- (tax-in)

 ■Music For Life予約受付
 予約受付はコチラから!
 

    

小谷美紗子

小谷美紗子 | Odani Misako

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。
これまでに 11 枚の オリジナルアルバム、16 枚のシングルをリリースしている。
その歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャンや著名人からも支持を得ている。
本物の音楽を作り続け、歌い続け、 2016 年にデビュー20周年を迎えた。

オフィシャルサイト
http://www.odanimisako.com/

Twitter
https://twitter.com/odanimisako

Facebook
https://www.facebook.com/odanimisako/

関連コンテンツ