小谷美紗子 5年8ヶ月ぶりとなるアルバム「yeh」


小谷美紗子さんの新作『yeh』を聴いた。
小谷さんのピアノ、玉田豊夢さん、山口寛雄さんのリズム・アンサンブルがすばらしい。
彼らの演奏はアイデアに溢れている。そしてすごくグルーヴィーだ。
彼らの音は言葉以上の意味を、言葉は音楽以上の調べを奏でている。
歌手としての小谷さんは魅力的だ。言葉と感情、メロディーとリズム、それぞれに継ぎ目がない。美しい日本語のロックがそこにある。
ソングライターとしての小谷さんは、最初に会った1997年の頃から変わっていない。
彼女は初めから果敢だった。歌うには厄介なテーマに挑み、誰にもできないやり方で唄にする。
彼女の高潔な魂が私たちの歪みを暴き、他者への優しいまなざしが希望を呼ぶ。
小谷美紗子さんの新作『yeh』を聴いて、言葉と音にできることは限りがないと思った。
わかってはいるが、それを強く信じさせてくれたことに、あらためて感謝したい。

佐野元春


かっこよくて真っ直ぐで強くて美しい。
またひとつ、宝物みたいなアルバムが増えた。誰にも教えたくないけど、みんな聴いて欲しい。
小谷さんと同じ国に産まれ同じ時代に生きている事を心から嬉しく思う。
放たれる言葉が、音が、私の大切にしたいものを教えてくれる。

田渕ひさ子


心の宇宙的名盤、誕生。

中村一義


『またすごいアルバムを作ったなー。
あの小さい身体の中には、はち切れんばかりの衝動と衝撃があるんだろうな、と今回も思う。
デビューした頃からずっと尊敬してるけど、
20年以上経って40歳過ぎてもまだこんな凄い作品を作れることをやっぱり尊敬するし、
そしてなんだかとても嬉しいです。嬉しすぎて聴いてると涙が出る。』

レキシ


ただ
この音に身をゆだねよ
湧き水のような
エネルギーが
あふれてくるから
それでいいじゃない
yeh

ありがとう
小谷さん

Mr.Children田原健一


『yeh』リリースおめでとうございます!!☆°。
こりゃまたすごい曲たちが勢揃い!
刺さる刺さる
心に真っ直ぐすーっと突き刺さって
大好きな小谷さんの声がそっと優しく包み込んでくれる

そんなアルバムの8曲目には
小谷さんが歌う「裸」が!!

この曲は3年前、私が21歳の時に小谷さんに作っていただいたのですが
私の新しい「声」が生まれた瞬間でした
これから先、何十年経ってもずっと歌い続けていく曲です

歌うこと、曲を作ること、生きることの
芯の部分をたくさん教わりました

一生モンの宝物いただきました
改めて本当にありがとうございますっ

って自分の話になってしまった…

「yeh」の中に詰まってる音楽を聴くと心が救われます
ながら聴きはとてもじゃ無理
どっぷり浸かって欲しい…

「yeh」に出逢えて良かった
この文章を読んでくださってる皆さまにも出逢って欲しい
よろしくお願いします

有安杏果


「yeh」はとても、とても優しいアルバム。
優しさは遠い日の悲しみで出来ている、と私は思う。
痛みを愛に変えていく歩み。それが人生なんだよと微笑まれた気がした。
私に出来るかな、ちょっと怖いな。だけど、そんな時にこそこのアルバムが肩を抱いてくれるんだろうな。
生きることを味わい抜いた小谷美紗子さんが、優しくYehと呟けるようになるまでの歳月。

家入レオ


小谷さんの音楽はいつも、誰かに、自分に、かけられた呪いを解こうと戦っている。
埋まるように暗い森の中や、荒波に突き出た崖のような、部屋のソファーに深く座って。
魔法陣も、藁人形も、誰かの血もいらず、必要なのは、グラスワイン12杯と、パンケーキ10枚。
さあ、解くべき呪いは山積み。小谷さん、僕にも分けてください。

折坂悠太


いきなり火花が散ったようだった。一曲目がイヤフォンから流れている。そうだ、この衝動が、わたしがシンガーソングライターとしてまだ生き続けている理由なんだ。こんなにも嬉しそうなピアノ、小さい頃に好きだった男の子を思い出すような歌声。どうにも走り出さずにはいられない。心が、身体が、潤っていく。大好きだ!!

ヒグチアイ



小谷美紗子

小谷美紗子(おだにみさこ)
1996 年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに 11 枚の オリジナルアルバム、16 枚のシングルをリリースしている。 その歌で、音楽ファンのみならず、多くのミュージシャンや著名 人からも支持を得ている。本物の音楽を作り続け、歌い続け、 2016 年にデビュー 20 周年を迎える。

小谷美紗子

yeh特設サイト